オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 23日

カトリヤンマ産卵

■カトリヤンマも産卵の頃
トンボの産卵撮影も終盤。今季の目標の一つのカトリヤンマの広角撮影ですが、いよいよ時期となりました。
今日は昨日からの雨が10時過ぎまで続き、その後は回復傾向で、午後は曇り~晴れ。
カトリヤンマの産卵時間帯は時期にもよりますが、まだ日が長い今は15時前後が活動時間帯。

●オオアオイトトンボ
カトリヤンマの活動時間まで今暫く。近くにいたオオアオイトトンボ。
まだ連結にはなっておらず、産卵はまだ少し先の様。
▼♂
f0324026_20370945.jpg
▼♀
f0324026_20375110.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●カトリヤンマ産卵
目的のカトリヤンマ、田んぼを眺めていると14時過ぎから何頭か産卵に飛来。
14時半過ぎから田んぼの土手斜面の一角で産卵開始。この場所は何故か人気で、もう1頭も来て産卵。
結局、16時半頃まで2頭が産卵。
f0324026_20494796.jpg
(Photohitoリンク)
f0324026_22261835.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

f0324026_20505076.jpg
f0324026_20513133.jpg
(Photohitoリンク)
f0324026_20515122.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
f0324026_21023111.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


何とか広角撮影(フルサイズ、m4/3共に)が出来、取り敢えずは今期の目標の一つ達成です。




# by Nature_Oyaji | 2017-09-23 21:12 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 18日

都下でのミルンヤンマ探索

■都下でのミルンヤンマ探索へ
台風一過の晴天の日。
今日は改めて都下でミルンヤンマ産卵の観察へ。
時期的にはそろそろ産卵は活発になる頃ですが、時間帯はきちんと調べておらずざっくり朝夕が活発という程度(いつもながらそれが良くないのですが)。
前回の産卵撮影は12:30頃ですが、あの日は10時過ぎまで雨模様だったので、朝方の産卵が遅れたものと推測。
今日は他の訪問地もあり、午後を目安に訪問予定。

●ミヤマアカネ(6:30頃)
先週9/10も訪問していますが、念のため水場に集まっているかどうかのチェック。しかしながらつい1時間前はまだ台風の強風中だったので、出ているとは思えず、念のための訪問。
結果的には水場には出ておらず、いつもの林の中もちらほら。
f0324026_20042896.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

●ウラギンシジミ
同じ場所にて。雨を避けていた様。
f0324026_19210104.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●早朝時間帯のミルンヤンマ探索

ミヤマアカネチェック後、この春先ムカシトンボ羽化撮影した場所へ。
前回も訪問。産卵しそうな朽木があった場所で、7時過ぎから8時半頃まで待ってみたものの何も出ずで撤収。

●タカネトンボ

途中の草地で盛んに餌を摂るトンボがいたので近付いてみるとタカネトンボ。
絶好の撮影場面でしたが、餌を追って左右上下自由自在の飛行で、どうにも撮影出来ません。
まだ滅していないことが確認出来たのは収穫、以前産卵撮影した池へ。

池では2度ほど来たものの、少しホバリングして通り過ぎる様に飛び去り、こちらも諦め撤収。

■午後まで少し時間があるのでいつもの里山訪問
●ナツアカネ
田んぼではまだ数は多くありませんが、ナツアカネが産卵中。
田んぼから離れた草地にいたペアを広角で撮影。
F2.0での撮影だったのでメスの複眼付近のみにピントが来てしまい、ちょっと後悔。
f0324026_19383817.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25(トリミング済)

■目的のミルンヤンマ探索
11時50分過ぎから観察。
到着早々、探メスのオスを発見。暫く観察していると約5分置きには朽木に探メスするオスが飛来。やはり先週より活発化。

●オスたちの探メスの様子
1頭を追ってみると、以前見つけた何ヶ所かある朽木毎に丁寧にメス探し。
約50m上流に川を横切るように倒れている朽木があり、そこでメス探しをするとUターン。
どうやら始めに観察していた朽木と50m上流の朽木の間を行ったり来たりしているらしい。

またこの50mの間には約5頭程のオスが巡回中の様(時に鉢合わせして3~4頭が牽制し合う様子を確認)。上流側、下流側から通過しながら探メスするものもいると思いますが、この50mを巡回しているオスが5頭程いると思われるので、頻繁に探メスで回って来るという理由も納得です。

個体によっては一か所でほとんど動かずにいる時もあり、やはり一気に生殖活動時期と思われます。
ボケボケの証拠写真
f0324026_19563000.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

メス産卵に来ず
ただ今日は15時過ぎまで待ったものの産卵メスはとうとう1頭も来てくれず、またまた撤収。

思うに今日観察した12時~15時は夏場は時に休んでいる時間帯。オスはずっと休まず探メスでしたが、メスは活動時間帯が異なるのかもしれません。

あるいは、メスの活動に合わせてオスは活動すると考えた方が生殖活動し易いと考えると、今日はたまたまメスが来なかった可能性もあります。

●次回
この場所で早朝から待ってみて、産卵に来るか様子見です。また時間があれば15時以降の産卵確認もしてみる予定です(つまりは早朝から夕方まで、一日中張り付きでの観察が必要という事になりますが、そこはネット社会、次回はしっかり情報収集して事に臨みます)。





# by Nature_Oyaji | 2017-09-18 20:05 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 17日

ウラナミシジミ 羽化時期

台風で予定していた茨城遠征が中止。
朝方はまだ小雨だったので、近場のポイントを一回り。
そろそろウラナミシジミが見られる頃。いつも見られるクズの草原へ。

■ウラナミシジミたち
●羽化後間もない個体(8:50頃)
ざっと見て近付いても飛ばない個体が5~6頭。どうやら雨の前に羽化したものの様で、小雨だったので葉の上にでてきた模様。
尾状突起はまだまだ柔らかく、翅を乾かしている様子。
f0324026_11383316.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_11583789.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●既に交尾態のペアも
f0324026_11593860.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●翅も乾き飛ぶ寸前
f0324026_12001493.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


●ヒガンバナ
水滴がまたちょっとしたアクセント。雨の日に訪問したご褒美・・。
f0324026_12144243.jpg
f0324026_12032601.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro







# by Nature_Oyaji | 2017-09-17 12:06 | チョウ | Comments(2)
2017年 09月 16日

台風前日

9月の3連休を楽しみにしていましたが、残念ながら台風18号接近中。
今日は曇り、日曜は雨、月曜は何とか回復しそう。

●ヒガンバナ
ご近所のヒガンバナもちょうど見頃。
f0324026_19233922.jpg
f0324026_19235252.jpg
f0324026_19470674.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●カトリヤンマ観察
昨年の産卵観察は9/22頃からでまだ1週間前ですが、いつ頃から産卵開始なのか未確認なので産卵場所で待機。
曇りで気温も午後14時過ぎでも22度前後。正午から15時半過ぎまで待ってみましたが産卵には来ず。
探メスのオスは2度ほど目撃。

●産卵場所近くの休耕田
イチモンジセセリやノシメトンボたち。
f0324026_19332904.jpg
f0324026_19334712.jpg
SONY α7II+BORG 36ED(200mm)
f0324026_19582174.jpg
f0324026_19335236.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●問題外来種ムネアカハラビロカマキリ 再発見
2015年にもここで見つけたムネアカハラビロカマキリ。
昨年訪問時は見られなかったので死滅したのかと思っていましたが、しっかり生きていました。外来種で日本のハラビロカマキリを駆逐してしまう程、繁殖力が強いようで駆除が必要。
取り急ぎ千葉県生物多様性センターへは連絡。
f0324026_23245553.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


# by Nature_Oyaji | 2017-09-16 19:37 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 09月 13日

避暑中のアキアカネたち

■マダラヤンマ撮影のあとキベリタテハ探し
今期の目標の一つのキベリタテハ。
Fさんから今の時期は越冬場所へ移動の最中で、朝方栄養補給後は10時過ぎにはいなくなってしまう状況と、観察出来る場所をお知らせ頂いたので訪問。
ただマダラヤンマ撮影で時間を使ってしまい、到着したのは12時過ぎ。無理かと思いつつ探してみましたが、やはり見つけられず断念。

●アキアカネ産卵
その代わり、たくさんのアキアカネたちが避暑中。さらに牧場内の水たまりで盛んに産卵中(水があるといずれ乾燥してしまう場所ですが構わず何処でも産卵しているのをよく見かけます)。
アカネ系の産卵広角撮影も今期の目標の一つ。牧場の柵から向こうは立入禁止のため、手を伸ばして何とか撮影。
f0324026_23381671.jpg
f0324026_23335658.jpg
f0324026_23340974.jpg
f0324026_23341617.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

標高が高いため、気温は21度。(先程までのマダラヤンマ撮影場所は27度)
f0324026_22174762.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25


# by Nature_Oyaji | 2017-09-13 22:27 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 13日

マダラヤンマ

■今回で3年目のマダラヤンマ撮影
フルサイズでのBORG71FL(400mm)と広角の撮影テストを兼ねて訪問。

●マダラヤンマ(♂)BORG71FL
撮影して気づきましたが、そのまま撮影すると四隅がケラれる事が判明。

▼撮って出し
f0324026_21442148.jpg
▼仕方がないのでトリミング(Photohitoリンク
f0324026_21152080.jpg
f0324026_21160326.jpg
f0324026_21185105.jpg
f0324026_21193376.jpg
f0324026_21194072.jpg
SONY α7II+BORG FL71(400mm)(トリミング済)

●マダラヤンマ(♂)MFで広角撮影(Photohitoリンク)

f0324026_21162457.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25(トリミング無し)

BORG FL71(400mm)は全てマニュアル操作なので、動きモノ撮影には不向きですが、使いこなしている方はいるので、あとは自分の習熟度の問題かと思います。ケラレは致し方ありません。トリミングで対応です。

広角撮影はいつものMFでの置きピン撮影です。レンズ前約20cm程度に合わせて、近くに来た時に連写。

●マダラヤンマ(♀)(Photohitoリンク)
メスを探して歩いていた際、産卵中のメスが飛び上がり止まった所を撮影。
一昨年は交尾態、産卵とも青メスでしたので、ノーマル色のメスは初撮影。
f0324026_21183311.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●今日の観察
-6時頃からホバリング開始。暫くすると多数のオスたちが出始め。
-7時半頃まで活発にテリトリ-確保で牽制し合う状態が続き、その後は一斉に休憩。
-8時過ぎ頃からまた活発化。この時間帯は一昨年産卵を確認した時間帯で、メスが飛来する時間帯と思われます。上のメスの撮影は8時38分。気付かない間に交尾を済ませていたようです。
ご一緒させて頂いた方から、交尾態の時間は多くは20分位(長いものは1時間)と教えて頂きました。8時過ぎにはやはり交尾態となっていたようです。色々教えて頂きありがとうございました。



# by Nature_Oyaji | 2017-09-13 22:02 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 10日

ミヤマアカネ

■ミヤマアカネ の様子確認
もう全てのオスの体は見事な赤に変わり、縁紋もピンクに。
産卵場所となる水場をチェックしてみましたが、数頭いるだけでまだまだ産卵には早い状況。

●ミヤマアカネ(♂)(Photohitoリンク
気温が高くオベリスク倒立状態。
f0324026_19131396.jpg
f0324026_19144309.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

●ミヤマアカネ(♀)
f0324026_19153512.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_19160017.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

この場所の産卵時期は9月下旬~10月上旬。次回その頃再訪問予定です。



# by Nature_Oyaji | 2017-09-10 19:21 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 10日

ホソミイトトンボ越冬型羽化 再訪問

■ホソミイトトンボ越冬型羽化
先週は羽化確認が上手く行かず、昨日虫友Tさんが定点観察で訪問済
羽化のピークとお知らせ頂いていましたので、今日は今シーズン最後(トンボとしても最後)の羽化撮影で再訪問。

今日は前日夜の雨という事もあり、到着時8時30分過ぎで約20度前後。少し気温は昨日より低め。
羽化個体を踏み潰さないよう、以前の観察時に歩いた足跡部分を歩きながら探索。

●ホソミイトトンボ越冬個体(♀)
飛び立つ寸前の個体をようやく発見。
f0324026_18424208.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●羽化時間帯について
昨年の9/4観察では天候は前日、当日ともに晴れ、気温は前日の最高気温は30度を超え、当日も最低気温は24度程度でしたが、羽化は遅めで9時頃から。
先週9/3は7時過ぎで気温18度前後。既に飛ぶ個体も確認。
今日は前日夜雨も降り、到着した8時半過ぎで約20度前後。探索を開始した9時過ぎには弱々しく飛ぶ個体も数頭確認。

こうしてみると羽化時間帯は気温にはあまり関係ないのかもしれません。
知識不足で他にチェックが必要な項目があるのかもしれませんし、それぞれの日で見落としがあるはずですが、いずれにしろこの場所の羽化開始は夏型、越冬型ともに6時過ぎから開始と思って良さそうです。

その後探索は10時半過ぎまで探してみましたが、新たに定位や羽化中の個体を見つけることが出来ず、今期の羽化撮影はこれにて終了です。

今後の彼らの行動は暫く田んぼ回りで過ごして、気温なのか日照時間なのかは明確ではありませんが、あるスイッチにより越冬場所ヘ移動開始。
時期的なものはまた定点観察でのチェックが必要で、可能な限りまた訪問していく予定です。

●アジアイトトンボ(♀)
羽化後少し時間が経過した個体。
f0324026_18504683.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25



# by Nature_Oyaji | 2017-09-10 19:05 | トンボ | Comments(0)
2017年 09月 09日

久しぶりにご近所散策

■ご近所散策の日
f0324026_19403232.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

■カトリヤンマ羽化場所へ
早朝のまだ寝込み状態の様子撮影で前回カトリヤンマを撮影した竹やぶ訪問。
2頭いたものの、1頭は気がついた時には頭上へ、もう1頭はカメラをセット中に何処かへ。

●シオカラトンボ
仕方なくこちらも寝込み中のシオカラトンボを撮影。奥にももう1頭。
f0324026_19405481.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

■オオセイボウの公園へ
先程のカトリヤンマの場所から移動。
今日は昼には自宅に戻るため8時半過ぎから10時過ぎまでまったものの、とうとう現れず。
前回はスズバチなども同様に訪花していたが、今日はスズバチはゼロ、他のハラナガツチバチなどの個体数も少なく閑散。
ひょっとしたらスズバチ、オオセイボウ両者いないので、攻防中だったのかもしれません。

●ノシメトンボ
待っている間に久しぶりにBORG36EDにて撮影。
f0324026_19442185.jpg
SONY α7II+BORG 36ED(200mm)トリミング済
■いつもの自然公園へ
●ウチワヤンマ
ウチワヤンマも終わりに近いのですが、今期まだ昼間撮影していなかったので、午後羽化撮影した自然公園を訪問。
個体数は流石に少なく、羽化観察した範囲では5頭程、また交尾態での飛翔は1組のみ。
f0324026_19473597.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

その後、またいつものご近所の池へ。
●カワセミたち
若いメスに、この時期何故か求愛行動中のオス。
こちらも久しぶりにBORG FL71(400mm)で撮影。
f0324026_19484466.jpg
●シオカラトンボ
相当老化した個体。ノートリミング。800mm換算。
f0324026_19484028.jpg
●ツクツクボウシ
f0324026_19532755.jpg
全てE-M1 II+BORG FL71(400mm)

明日は、虫友Tさんからホソミイトトンボ多数羽化中と連絡頂きましたので、先週訪問した多産地ヘ再訪問。
今シーズン最後の羽化撮影予定です。



# by Nature_Oyaji | 2017-09-09 20:00 | 自然 | Comments(0)
2017年 09月 03日

ショウリョウバッタモドキとミルンヤンマ観察

虫友TさんのMFへ同行。

●ショウリョウバッタモドキ
初見。・・モドキと付く名前の昆虫は割りと希少種が多いようです。
撮影は出来ていませんが、生態的には隠れ名人で、こちらの視線を感じると葉の裏にすっと隠れます。
そんな仕草がかわいい。

体型的には後ろ足は他の跳ねるバッタに比べて細い。
それは飛んで逃げるより、葉の裏に隠れて身を守る事に進化したため、強力な後ろ足は必要ない為のようです。
触覚も背中の色の延長の様な色合いで体に対して真っ直ぐ。その色合いはススキの枯れた部分に極似。
これも隠れることに特化した擬態と思えます。
f0324026_23450648.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ミルンヤンマ ぶら下がり
11時40分過ぎ。虫友Tさんが飛翔中のミルンヤンマを目で追って止まる所を確認。
この時気温は28度近く、流石にぶら下がりの時間帯のよう。
産卵撮影では昼近くにぶら下がりを探しましたが、その現場では見つけることが出来ずにいたもの。
f0324026_23100094.jpg
▽こちらは深度合成にて
f0324026_23100838.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

お疲れ様でした。ご案内ありがとうございました。

●ヒナカマキリ探し
帰宅途中、皇居でヒナカマキリ探し。
冬場卵鞘があった付近の落ち葉をひっくり返したりしたものの、こちらも見つからない。
少し離れた場所ではコオロギは多数葉の裏から出てきたものの、ヒナカマキリはいない。
植え込みの葉も見てみましたが、こちらもダメ。
以前秋に見つけた時は、10時過ぎに擬木に登ってきた所や、孟宗竹の葉の裏にいたものを見つけたのですが、まだ本格的な秋になる前はどこにいるのやら。




# by Nature_Oyaji | 2017-09-03 23:11 | バッタ | Comments(0)