オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 21日

雨の週末 ご近所の様子

■秋のご近所の変化確認
秋には珍しい巨大な台風21号が近づきつつある日。
家でゆっくり体を休めてれば良いものの、やはり暫くご近所観察を行っていない事もあり、冷たい雨の中出撃。

■カワセミのいる池 コ・ボーグ36EDテスト
暫く使用していなかったコ・ボーグ36ED。どうも解像しないので点検に出しました。
約1ヶ月後点検・調整も終わり、メーカーから見違えるように解像するようになったと手元に戻りました。今日は雨の中、そのチェックも兼ねています。
なおE-M1II+コ・ボーグ36EDでは換算400mmでの撮影となります。

さて池には既にヒドリガモが飛来していました。
その中には久しぶりにアメリカヒドリガモの姿も。1枚めはひょっとしたらヒドリガモとのMIXかもしれません。

▽この写真2枚は遠目(約20m程)で結果をトリミング。暗めなのでISOをAUTOにした所、1000まで上がり画面が粗めになり、且つ手ブレしている可能性大。
f0324026_18404226.jpg
f0324026_18410539.jpg
▽以下テストも兼ねての撮影(トリミング無し)。
f0324026_18173469.jpg
f0324026_18174157.jpg
f0324026_18191409.jpg
全てOlympus E-M1II M5II+BORG 36ED(手持ち撮影)

テスト結果は微妙・・。
以前晴天の日、BORG 71FL(800mm換算)でも手持ちで撮影した事もありましたが、もっと解像していた感があります。
E-M1IIの強力な手ぶれ補正もあるのですが、雨で暗めという事もあり、やはり晴天の時にα7IIでの撮影も含めもう一度テストです。

●ホソミオツネントンボ越冬場所チェック
昨年は11月23日訪問時、越冬個体を確認した場所。一回りしてみたもののやはり1ヶ月早いこともあり、流石にまだ移動してきてはいない様子。
地面にはまだまだ緑が多く、ここに潜んでいたら見つけられない。
f0324026_17413803.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

■その近くの調節池訪問
春以来、未訪問だった場所ですが、暫く探索するとイトトンボが数頭。

●アジアイトトンボ 
▽手前♀、奥♂
f0324026_17480199.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
▽♂
f0324026_17483703.jpg
▽♀
f0324026_17484655.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
●アオモンイトトンボ
▽♂
f0324026_17510406.jpg
▽♀
f0324026_17512259.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

アジアイトトンボ、アオモンイトトンボがいつまで見られるか・・という地元観察は行ったことがなかったので、今回がまずは観察初データとして記録です。
またここでもアオイトトンボを確認。

来年以降もチェックです。



# by Nature_Oyaji | 2017-10-21 18:29 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 19日

オオアオイトトンボ 産卵

■改めてオオアオイトトンボ 産卵撮影
前回、早朝に枯れ木に止まったオオアオイトトンボが産卵行動をしましたが、今回はじっくり産卵する所をSさんと撮影。

●オオアオイトトンボ 移精(初)14:30頃 (Photohitoリンク)
f0324026_20272615.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

▽移精中、メスが産卵開始(オスにとっては「これから交尾態を経て産卵のはずが・・」と思っていたに違いない??)
f0324026_20281742.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●産卵(初) もっと暗くなってから産卵と思っていましたが、この時は15:31
Sさんが見つけてくれたものを撮影させて頂いた。生木に産卵している様子はこちらも初。
f0324026_20305650.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この後、解散。お疲れ様でした。

■別の多産地へ
帰り道、念の為もう一ヶ所のオオアオイトトンボ産卵場所をチェック。
過去まだここでは産卵は観察出来ていなかったのですが、今日は時間帯が良かったのか、暗い中一組だけ産卵中でした。

●産卵ペア 16:40
過去この場所では多数産卵されており、木の表面はボコボコ状態。産み付け中の枝先も過去の産卵跡多数で決して柔らかそうに見えませんが、それでも懸命に産み付け。
f0324026_20335437.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●申し訳ないハプニング
この日、この時間帯ですっかり冷え切っており、この後ハプニングが・・。撮影中、誤って産卵していた枝に少し振動を与えてしまった所、オスがそのまま落下・・。
f0324026_20365294.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

残ったメスは産卵の姿のまま全く動かず。オスメスともこの寒さで限界だったのかもしれません。




# by Nature_Oyaji | 2017-10-19 20:41 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 19日

ナツアカネ・アキアカネ 産卵

■アカネ系産卵撮影
今期の残りの課題、アカネ系産卵撮影ですがどうにも天候に恵まれません。
加えて夏の疲れからか、体調もよろしくありません。前日から不調で朝方動けず休暇を頂きました。
ゆっくり休みを取り、だいぶ調子も戻ってきたので様子見。

●ナツアカネ
なぜか産卵数が少なすぎです。広い田んぼを見渡しても数組しか産卵ペアが見当たりません。

産卵中のペアに近付き、向こうからこちらに来てくれそうな所で待ち伏せして撮影。

カメラは少し下から上に向け、場所は背景に空が入るよう谷戸の一番下の田んぼにし、太陽は順光に。
フォーカスは置きピン(レンズから20cm程)にしての撮影ですが、まだこのカメラでの距離が自分の感覚として身についていないので、約100ショットでようやく数枚ピントが合っているものがありました。

(Photohitoリンク)
f0324026_22333402.jpg
f0324026_22335315.jpg
f0324026_22340442.jpg
f0324026_19312415.jpg
▽唯一落下中の卵が見えるので、元写真をトリミング(でもこの画像でも見えにくい)。(Photohitoリンク)
f0324026_19262889.jpg
▽それにしても青空に赤トンボは良く似合います。
そして元々の画像サイズが大きいためか、思いのほかトリミング耐性が高いな・・と改めて実感です。
f0324026_05480554.jpg
全てSONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25(上5枚はトリミングなし)

●アキアカネ
アキアカネは多数いて各々日なたぼっこや田んぼ上で飛び回っているのですが、産卵するペアは少ない。
雨上がりの好天気なのでさぞ産卵数は多いだろうと思っていたのですが、全く違いました。

明日からまた天気は下り坂。アキアカネ産卵撮影は何時になるやら見通しがたちません。


# by Nature_Oyaji | 2017-10-19 05:35 | トンボ | Comments(2)
2017年 10月 16日

2017 今年出会えた産卵

羽化に続いて、今期出会えた産卵場面です。
産卵も羽化と同様、トンボの種類により止水環境、あるいは流水環境を好む種類、そして産卵時間帯、時期などさまざま。
天気については羽化は雨はあまり関係ない様ですが(羽化時間は遅れる場合あり)、産卵は雨の中ではほぼ行わない。
そのため、雨が降った次の日が好天気なら雨の日に産卵出来なかった分、しっかり産卵するため絶好のチャンスとなります。

今シーズンの産卵は3月に成虫越冬を行うオツネントンボから始まり、10月のアカネ系、カトリヤンマで終了となります。まだアカネ系(アキアカネ、ミヤマアカネ)、カトリヤンマ、もう少し観察したいミルンヤンマの産卵撮影を予定していますが、一度は撮影していますので、一端ここでまとめとします。

産卵は生命を繋ぐとともに、その生命を終える時が近い場面。いつもこちらも感動があります。

なお産卵はより敏感でなかなか近寄りがたい場面ですが、なるべく今期の目標の広角での撮影にトライしてみました。

■3月
●オツネントンボ
f0324026_21261051.jpg
■4月
●ホソミオツネントンボ(連結)
f0324026_21270133.jpg
■5月
●ムカシトンボ
f0324026_21290926.jpg
●ホソミイトトンボ
f0324026_21530933.jpg
■6月
●モートンイトトンボ(初)
f0324026_21293704.jpg
■7月
●ホソミオツネントンボ
f0324026_21302666.jpg
●グンバイトンボ
f0324026_21304855.jpg
●オオモノサシトンボ
f0324026_21332555.jpg
●ネアカヨシヤンマ
f0324026_21335336.jpg
■8月
●ヤブヤンマ
f0324026_21341685.jpg
●モノサシトンボ
f0324026_21344221.jpg
●キイトトンボ(初)
f0324026_21350911.jpg
●ルリボシヤンマ
f0324026_21354175.jpg
■9月
●コシボソヤンマ
f0324026_21361846.jpg
●アキアカネ(高原の牧場にて)
f0324026_22022049.jpg
●カトリヤンマ
f0324026_22094503.jpg
●ミルンヤンマ(初)
f0324026_21405895.jpg
●ナツアカネ
f0324026_21412732.jpg
●オオアオイトトンボ(初)
f0324026_21414892.jpg
■10月
●ノシメトンボ
f0324026_21423230.jpg
●キトンボ
f0324026_21430706.jpg
●マダラナニワトンボ
f0324026_21432612.jpg
●オオルリボシヤンマ
f0324026_21435361.jpg



# by Nature_Oyaji | 2017-10-16 22:04 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 13日

2017 今年出会えた羽化

トンボの撮影は人それぞれ楽しみ方がありますが、自分としては生態の色々な場面を残していきたいと思っています。
その中でも羽化は一番変化に富んだ場面でもありますし、また時間、場所、天気など撮影の条件が揃わないと残せません。

上手く撮影出来た時はその時の状況を、上手く行かなかった時はその理由をあれこれ考えると、また次のチャンスに繋がります(時にどうにもならない場合、お助け頂きました)。

そんな今シーズンも3月のムカシトンボ羽化撮影から始まり、最後9月のホソミイトトンボの越冬型羽化を撮影し、今期の羽化撮影は終了しました。

改めて今期出会えた羽化場面を掲載します。言葉にならない感動を感じながら過ごした時間、みな想い出深い面々です。
またお陰様で新しく出会えた羽化は10種となりました。

今期は翅が伸び、尾部も同じカーブを描いた頃の姿を主に残しました。


■3月
●ムカシトンボ
f0324026_18293970.jpg
f0324026_18300313.jpg
■4月
●ホンサナエ(初)
f0324026_18303384.jpg
●ヨツボシトンボ(初)
f0324026_18324572.jpg
f0324026_18312482.jpg
■5月
●サラサヤンマ
f0324026_18335241.jpg
f0324026_22563588.jpg
●ムカシヤンマ
f0324026_23202401.jpg
●キイロサナエ
f0324026_18382785.jpg
●アオヤンマ

f0324026_18340892.jpg
f0324026_18344478.jpg
f0324026_18352336.jpg
●ヤマサナエ
f0324026_18413551.jpg
●コサナエ
f0324026_18423393.jpg
●ハラビロトンボ
f0324026_23120369.jpg
●コシアキトンボ(初)
f0324026_18451939.jpg
■6月
●モートンイトトンボ(初)
f0324026_16151989.jpg
●コフキトンボ
f0324026_18463529.jpg
f0324026_23045470.jpg
●ウチワヤンマ
f0324026_18475823.jpg
●ネアカヨシヤンマ(初)
f0324026_18484835.jpg
■7月
●カトリヤンマ
f0324026_18533109.jpg
●ナゴヤサナエ(初)
f0324026_19182213.jpg
f0324026_18540400.jpg
●オニヤンマ(ヤゴからの撮影は初)
f0324026_18544399.jpg
●オツネントンボ(初
f0324026_18561222.jpg
●ミヤマアカネ(初)
f0324026_18580483.jpg
■8月
●マダラナニワトンボ(初)
f0324026_19000308.jpg
●ギンヤンマ(初)
f0324026_19045518.jpg
■9月
●ホソミイトトンボ 越冬型
f0324026_19083734.jpg


# by Nature_Oyaji | 2017-10-13 19:30 | トンボ | Comments(2)
2017年 10月 09日

カトリヤンマ クリーニング行動撮影-2

■クリーニング行動撮影 2日目
連休初日に新たな目標とした「クリーニング行動」の撮影で、午後訪問。
訪問時15時半を回っていたので撮影できる時間は少ないので、どうせなら今日はどの時間まで田んぼで産卵するのかもチェック。

●改めてクリーニング行動自体観察
見聞きした事も含め、撮影しながら観察出来た事としては、
- 長く産卵していた個体は良くホバリングする傾向
- 短時間産卵でも遠くに逃げずにその場でホバリングする個体がいるので、そのような個体を探す(遠くにすぐ逃げるのもいるので個体差の様)
- ホバリングの途中や飛び去る中でクリーニング行動実施
- 一度終わってもまた行う事がある
- 短時間産卵でもクリーニング行動実施

なので以上から自分なりの撮影行動としては
1. まずは暫く踏み入れていない田んぼで、飛び上がってホバリングを始めたら撮影
2. その場で良くホバリングする良さそうな個体がいたら、少し追ってみる。暫く産卵をさせては近づき飛んだ所で撮影
3. そして良さそうな個体を追いながら、新たに飛んだ個体も要チェック あとは1〜3の繰り返し
4. 撮影ファインダー内にうまくホバリング個体を捉えられたら、最後はクリーニングしろと念じる・・

そんな事を確認しながら、ホバリングの個体をMFで捉え、時間にして数秒間程度念じながら見していると、やってくれました!
その場面を何とか連写!! (一瞬、脳ミソがキュンとなりました・・)。
※あとで確認した所、連写でしたので上部へ移動しながらの場面が数枚写っていました。
やはり画像がよろしくないですが、追加します。
f0324026_20415512.jpg
f0324026_20420333.jpg
f0324026_20421062.jpg
f0324026_20421730.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

一度落として、またすぐもう一度落としていたようです。

こんな状態のクリーニング行動を残したい・・と思っても向き、高さなどはこちらでコントロール不可なので、とにかく撮影してその中から自分の納得行くものを探す以外にありません。
(適正露出になっておらず、結果が暗いファイルだったので、現像は虫友Tさんが補助してくれました。ありがとうございました。)

●最終産卵個体チェック
今日は16時半過ぎで見かけなくなり、その頃には日差しも山あいに隠れてしまい日影状態。

●まだ撮影出来ていないオスのホバリング

こちらについては色々伺うと、地域差があるようです。
今撮影している場所と同様、メスの産卵は多数飛来するのにオスはほとんどホバリングしている所が見られない場所があるかと思うと、ある狭い範囲内でしきりにオスがホバリングする場所があったり(こちらもどこか知らない所でホバリングしている可能性があります)。

いつもホソミイトトンボを観察している所では、オスのホバリングが見られるというので次回はホソミイトトンボ多産地にてトライしてみます。




# by Nature_Oyaji | 2017-10-09 22:13 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 09日

都下訪問 ミヤマアカネ産卵狙い・・でしたが

ミヤマアカネ産卵の時期、午前中産卵撮影で訪問。
同じ場所で以前は10時位から産卵開始を確認。まだ時間的に早かったので周りを散策。

●オツネントンボ
昨年、冬近くに見つけた場所を探すと足元から1頭飛び上がり近くに静止。
7月に羽化探しで栃木に行きましたが、それ以来のオツネントンボ。
f0324026_20395756.jpg
Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

近くの川のワンド部分で生まれ育ち、案外広範囲にいるという話を伺ってはいるのですが、自分で見つけたのはまさにピンポイントのこの場所のみ。
ここでの越冬場所も気になるのですが、まず探すことは不可能。
なので今期も多産地での越冬場所探し、引き続きやります!

●ミヤマアカネ産卵狙い・・
さて肝心のミヤマアカネ産卵ですが、8時半過ぎから今日の予定時刻12時まで待ってみましたが、来たのは5組ほど。
なぜだか不明。

今日は細流の水量が多く、たまに来ても水辺に近付いた所で産卵に適さず飛び去ってしまう。
また先程のオツネントンボを見つけた付近にも以前たくさんいたのですが、今日は個体数は少なく、産卵場所に移動したものと思ったのですが今日は産卵日ではなさそうです。
また次回。

交尾態は見かけたので産卵するものと思っていましたが、どうにも上手く行きません。
f0324026_21041193.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

今日は14時は帰宅しなければならないので、泣く泣くこの場を撤収です。



# by Nature_Oyaji | 2017-10-09 21:05 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 08日

棚田とブナ林での撮影

Fさんから新潟方面に行くならと、棚田とブナ林もご案内頂き撮影。
風景撮影は眼の前にある360度の風景の中から、自分のレンズでどう切り取るか・・なのですが、そのセンスに加え、刻一刻と変化す光をどう捉えるかを絶えず設定を見直す必要がある(と理解)。また現像にもセンスが。
でも何をどうしたらよいやら。。今後の課題です。

■星峠 日の出前。
f0324026_19345578.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
f0324026_19353099.jpg
f0324026_19433304.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ブナ林にて
f0324026_19412867.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25



# by Nature_Oyaji | 2017-10-08 19:39 | 自然 | Comments(0)
2017年 10月 08日

今期最後の遠征 オオルリボシヤンマ 青メスとの出会い

■今期最後の遠征へ
Fさんと新潟方面へ。途中、ご案内頂いた棚田やブナ林は追って公開です。

■2年前キトンボマダラナニワトンボの産卵、そしてこの夏、マダラナニワトンボ羽化で訪問した池へ
実はオオルリボシヤンマの青メス産卵を知合いの方が同じ池で撮影済。
今期、茨城方面で計画していたものの予定を逸していたため、出来たら今期やり遂げておきたい。
青メス産卵を撮影された方も現地で合流。

●キトンボ産卵(広角)
9時半頃から産卵開始。以前ここで観察した際は10時半頃でしたので、1時間程度早め。
f0324026_18170352.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

●マダラナニワトンボ
こちらも同じ頃から産卵開始。通常なら11時過ぎからですが、こちらも今日は早め。
ナツアカネと同様、連結打空産卵なので卵が落下した場面が必須ですが、なかなかうまく行かず。
広角でピンが比較的来たものと、ピン甘ですが何とか卵が落下中の場面のものです。
f0324026_18215236.jpg
f0324026_18220305.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
●3連結
あっと驚くオオアオイトトンボ連結にアオイトトンボ(♂)が連結した形。
f0324026_18283430.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●オオルリボシヤンマ 青メス産卵撮影
この青メスだけはここまではるばる来たものの、あとは現れてくれるか、そして撮影可能な近場で産卵してくれるかは運次第。
今年の出会いの引きの運がまだ残っているかどうか・・。
待つこと1時間超、ついに現れてくれました。同行のFさんが発見。

以前、Fさんが撮影されていた関西でのものは複眼まで青色でしたが、この個体は体のみ。
また青メス自体は西日本では割合は圧倒的に高く、東日本では逆な様です。
そんな地域的な割合の違い、青メスの部分的な違いなども興味深いです。
f0324026_18304418.jpg
▼♂が来ましたがルリボシヤンマの様に産卵中でも強引に連結することなく、見守るかのように上でホバリングしていました。
f0324026_18311653.jpg
f0324026_18313427.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

最後に皆さんのご好意で、逃げても良いからと背中を押して頂き、広角撮影をトライ。(共に撮影角度が水平ではなかったので、現像時調整。そのため本来の画角より拡大された画像になっています)
▼オオルリボシヤンマ 青メス産卵 広角-1(Photohitoリンク)
f0324026_18324983.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25
▼オオルリボシヤンマ 青メス産卵 広角-2(Photohitoリンク)
f0324026_18331216.jpg
SONY α7II+Carl Zeiss Batis 2/25

最後の遠征で、撮影したかったオオルリボシヤンマ 青メス産卵を残せました。
背中を押して頂いた皆様、ありがとうございました。


# by Nature_Oyaji | 2017-10-08 18:42 | トンボ | Comments(0)
2017年 10月 07日

カトリヤンマ 飛翔撮影 -3 残念なクリーニング行動撮影

■カトリヤンマ 飛翔撮影も3度め
昨日から今朝までの雨はカトリヤンマにとっては産卵出来ない期間となり、今日午後回復したので絶好の産卵日和のはず・・との目論見でいつもの多産地へ。
気温も20度以上になり、途中青空も見え始め状況は良好。

●13時観察開始
まだここでは見ていないオスの探雌中のホバリングと交尾態の確認のため、まずは林縁部をチェックすると、♀を発見。
f0324026_20055139.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この後、何度か確認に行くと、約30分後飛び立ちました。
ちょうど日影から太陽が当たり始めて少し経過した頃で、昨夜の雨の中ずっとここにいて、体が温まった所で飛び立ったものと推測。
うまくしたら探雌のオスに見つかって交尾態撮影を・・と考えていたのですが、飛び立った後は少し高めの場所へ移動してしまいそこまで。

●観察開始直後の13時には田んぼでホバリングする個体を発見
産卵には時間的に早かったので、ようやくオスが見つかった・・と思ったのですが、実はメスで、やはり昨日産卵出来ていないことと、気温上昇でいつもより早めの産卵開始でした。
前回交尾態を目撃した林内を探しましたが、こちらは見つけられず。

●14時半には休息
早くから産卵していたと思われる個体数頭が一度に林縁部に行き休息。
f0324026_20165573.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

今日は何時から産卵していたのか、初めから見ていなかったのが残念ですが、今の時期、産卵時間帯は14時~16時位で約2時間ほど。
休息個体は産卵を終えた個体たちなのかもしれません(中にはそのまま林の中に消える個体も散見)。

その後も次々と産卵に訪れ、やはり雨上がりの日は産卵日和です。

今日は1枚めは何とか適正露出にて横から撮影出来ました(トリミング無しですが、尾部先端が少しピントが来ていないのが残念)。
(Photohitoリンク)
f0324026_20231095.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0324026_21114563.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●クリーニング行動

新たな追加の目標です。
前回も何度か目撃して、撮影しそこなっているクリーニング行動ですが、今日も何度も目撃と撮影失敗の連続でした。
この行動も産卵時の生態の一場面、ぜひ残しておきたい。

▼クリーニング行動の連写。始まったと思った時は残念なことにピントがずれていて、だんだん尾部にピントが来ています(ホバリング中、少し風に流されたためかと)。
こちらも残り少ない季節、ピントが合った場面を撮影してみたい。
f0324026_20341244.jpg
f0324026_20342111.jpg
f0324026_20343012.jpg
f0324026_20344658.jpg
f0324026_20345742.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

カトリヤンマ撮影の合間に
●ノシメトンボ 産卵
f0324026_20391171.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

●ナツアカネ 産卵
f0324026_20394120.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO




# by Nature_Oyaji | 2017-10-07 20:45 | トンボ | Comments(0)