オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 28日

ギンイチモンジセセリとオオイトトンボ

早朝から船橋の干潟に行ってみました。久しぶりにシギチたちに出会いましたが、もう潮干狩りシーズンで人があふれていて鳥達も近寄りがたいようで、数は少ない状態でした。

中央はオオソリハシシギ
f0324026_23150238.jpg
キョウジョシギ(京女鷸) 羽色が着物を想像させることで京女と名前が付いています。
f0324026_23152990.jpg
ソリハシシギ
f0324026_23170775.jpg
何かに驚いて飛び去ったため一旦ここで市川の自然公園方面へ移動。いつもの川沿いや霊園、自然公園を回ってみました。

ヨコヅナサシガメと思われる個体 脱皮直後で鮮やかなオレンジ色 
f0324026_23213992.jpg
今年もハエトリグモの季節です。ネコハエトリグモ(♂)
f0324026_23225572.jpg
f0324026_23282866.jpg
マミジロハエトリ(♀) 手の上で一枚
f0324026_23295625.jpg
昼近くになったのでギンイチモンジセセリが出ていると思われる河川敷へ移動
f0324026_23413510.jpg
蛹からの脱皮から十分な時間が経っていない様子の個体
f0324026_23422527.jpg
f0324026_23441870.jpg
f0324026_23443167.jpg
辛うじて隅に飛翔 この日は風が強く、足元から飛び立つそばから枯れた葦の中に行ってしまい、全く飛翔は撮らせてもらえません(ヘタなだけなんですが)
f0324026_23452383.jpg
風が更に強くなったので、葛飾区の自然公園に移動。イトトンボ狙いです。
オオイトトンボ
f0324026_23484632.jpg
産卵中
f0324026_23493047.jpg
f0324026_23500112.jpg
産卵中でも回りのオスたちはちょっかいを出してきます
f0324026_23503433.jpg
さてさて、どうも手持ちのオリンパスの調子が悪いです。
E-M1+BORGではM5で行っていた撮影方法(一旦拡大してピント合わせ後撮影)をしているものの、何故かピンが甘くしっかりした画像になりません。M5の時は半押しでの手ブレももっと効いていたように思えるし、拡大してピントを合わ焦るとほぼ間違いなかったものがM1ではピントが合いません。
そう言えば手持ちでニコンの組みあせをまだ試していなかったことを思いだし、撮影してみたのが一連のイトトンボ写真。あらま、ある程度シャッタ速度が上がるよう設定すれば三脚無くても手ブレは全く問題ない。拡大機能はなくとも、左下にはピント照合のサインも出るのでこれを頼りにすれば、560mm換算でもいけてしまいます。この連休はニコンでの撮影をしてみようと思います。

もう一つ、TG-2ですが、全くホワイトバランスが良くありません。全体的に色が濃すぎてしまい、淡い緑が濃い緑になってしまう。その場でのWB設定しても芳しくありません。撮影した写真はすべてソフトで色調整が必要で、明らかにおかしい。一度メーカー点検が必要のようです。





by Nature_Oyaji | 2014-04-28 00:11 | 自然 | Comments(2)
Commented by ita-san at 2014-04-28 19:57 x
オヤヂさん、こんばんは
シギ類や昆虫たちを沢山撮れていいですね!!!
この時期森の野鳥だけでは少なすぎです。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-04-29 03:36
ita-sanさん
近場で海、池、里山で撮影できるので、これらを回ると季節ごとにいろいろな生き物たちに出会えます。今の時期、鳥達も移動の時期なので森の鳥は種類が少ないかもしれませんね。


<< ムナグロ、ヒバリ、コチドリ観察...      裏高尾山方面へ >>