2014年 06月 15日

都下林道訪問 オオトラフコガネを探して

梅雨の合間、天候も回復したので 都下の林道にオオトラフコガネを探しに行きました。2日前の大雨がウソのように気温30度超、夏の様相です。
朝5:30に出発し、現場には7時過ぎ着。自宅からはカーナビ表示で約60km弱、一般道を走ってもこれくらいで到着するので高速使わずに節約方々ゆっくり通りを楽しみながらドライブ。

最初の昆虫はダビドサナエ(と思われます)。自分にはトンボはなかなか同定は難しい。
f0324026_18462033.jpg
f0324026_18480843.jpg
殻のサイズ、数mmのヒダリマキマイマイ。朝日に透ける様子を目の前にして、ここに至る時間を想像してしまいました。
f0324026_18495929.jpg
これも自信はないのですが、アサヒナカワトンボと思われます。翅が透明と茶系があるとのこと。
f0324026_18503793.jpg
f0324026_18512996.jpg
林道はさすがに涼しげです。
f0324026_18520151.jpg
山間なのでいつも行く近場と違ってテングチョウが大量発生中。なかなか開いてくれなかったのですがようやく一枚撮れました。
f0324026_18530124.jpg
サカハチチョウ
f0324026_18550418.jpg
途中にある湧き水場所で滴下する水を一枚。手持ち撮影でしっかりボケ気味。
f0324026_18563474.jpg
空ではコミスジがランデブー
f0324026_18565530.jpg
カシアシナガゾウムシ 家で調べると前脚中脚が揃って長い事が分かりましたが、上からの写真を撮りそこねていました。
f0324026_18573922.jpg
昼食時、リュックに付いた汗のミネラル分に引き寄せられたのか、ウラギンシジミがしきりに寄って来ました。
f0324026_19003409.jpg
さてさて目的のオオトラフコガネは今まで行ったことのない先まで歩きましたが見つかりません。ひょっとしたらまだ時期が早かったのかもしれないと思いつつ、見上げた木にラミーカミキリを発見。初めて出会い。
f0324026_19010240.jpg
f0324026_19031984.jpg
次の場所にも行く予定なので、ここから引き返すことに。キイロトラカミキリを発見。
f0324026_19044177.jpg
かなり戻ったところで、昆虫撮影されている方に様子を伺うとこの先でオオトラフコガネを撮影したとの事。その方の話ではこれから本格的に発生するらしい。探しながら歩くこと数分、ようやく見つかりました。
日本にはいないような模様と配色。箱根の寄木細工のようで、腹部も自然は手を抜かずしっかり作りこんでいました。
f0324026_19101797.jpg
f0324026_19102890.jpg
f0324026_19103817.jpg
来週末以降も晴れたらまた訪問です。



by Nature_Oyaji | 2014-06-15 18:39 | 自然 | Comments(0)


<< いつもの自然公園でミドリシジミ観察      梅雨時の昆虫たち >>