オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 06日

ヒヌマイトトンボ

好天の朝。今年はまだオニヤンマの羽化を見ていなかったので早々に出発。

入口近くの木々。柔らかい光。
f0324026_18011394.jpg
f0324026_18015836.jpg
▼入り口近くの水路でのオニヤンマの羽化個体 場所が悪く証拠写真程度
f0324026_18164761.jpg
▼途中で出会ったミドリシジミ まだ産卵中か?
f0324026_17484426.jpg
▼イナゴの脱皮
f0324026_18124910.jpg
▼ゴボウゾウムシ(と思われ) 擬木にいた所を撮影
f0324026_18153753.jpg
▼奥のあづま屋脇の草原で フタオビミドリトラカミキリ
f0324026_17494613.jpg
▼同じあづま屋の屋根裏で発見 昨年もいたクロ メンガタスズメ。去年と微妙に顔の模様が変化。
f0324026_17544820.jpg
▼オニヤンマ羽化 撮影されていた方がいたのでご一緒させて頂いた。7時近くだったので翅はすっかり伸びきった状態。フィッシュアイで撮影したいと思っていた場面。思ったような絵に。
f0324026_17553433.jpg
f0324026_17570929.jpg
その方はトンボ専門と言われたので、ヒヌマイトトンボの事をお尋ねした。場所も教えて頂いた。今は毎年市の担当者が管理・保護しているとのこと。場所は以前いた所から少し移動していることも確認。場所を移動。

▼初めて出会うヒヌマイトトンボ 絶滅危惧種の筆頭。1971年に茨城県の涸沼で発見。3cmほどの小さいトンボ。オスの背側には黄緑色の点が4つあるのが特徴とのこと。メスはオレンジ色。芦などが生えている川のすぐ脇の湿地帯のような場所でひっそり。
f0324026_18042109.jpg
f0324026_18075573.jpg
f0324026_18100172.jpg
川土手にて
f0324026_18140884.jpg
▼アシナガバチがいたので単焦点レンズで撮影
f0324026_18142314.jpg
▼場所を移動して睡蓮を一枚
f0324026_18192761.jpg





by Nature_Oyaji | 2014-07-06 18:20 | 自然 | Comments(0)


<< 雨の朝      都内の区民公園の以外な昆虫たち >>