2014年 07月 12日

栃木遠征

ハッチョウトンボに会いたくてネットで情報検索。
少し時期が遅いのが気になりますが、片道120km行ってみることにしました。

まずは栃木県、ハッチョウトンボで検索して出てきたF公園。

元々里山的な感じの場所。池が2つと木道のある湿地帯が1ヶ所。
山部からの湧き水が木道のある湿地帯を形成し、その水は2つの池を流れて田んぼに行っている。
一番下の池は以前地震があった際、一部にヒビが入ったため半分以上埋め立てられて放置されているとの事。以前はチョウトンボが沢山群れていたとのことだが、今日は一頭のみ。
f0324026_17462750.jpg
▼ハグロトンボ 数頭群れていました
f0324026_17534307.jpg
一番上の木道のある湿地帯
f0324026_17551754.jpg
f0324026_17561354.jpg
▼ハスジカツオゾウムシ(と思われ) 相変わらずゾウムシは画像をネットで調べての同定。なにせ日本には700種類もいるとの事、毎回新しい出会いです。
f0324026_17591857.jpg
▼ヒメウラナミジャノメ
f0324026_18032917.jpg
▼ホタルの一種
f0324026_18024241.jpg
ゴマダラオトシブミ
f0324026_18054404.jpg
▼マイコアカネ
f0324026_21461663.jpg
木道を一回りしてみたものの、イナゴとノシメドンボ、シオカラトンボなどが数種類いるだけでハッチョウトンボは見つからず。地元の方から別の近くの沼を紹介されたので移動・・と少し車を走らせた前をオオムラサキが横切り樹液の出ている所に止まりました。

▼オオムラサキ フラッシュ撮影で白飛び気味。
f0324026_18091696.jpg
f0324026_18082282.jpg
f0324026_18094346.jpg
教えてもらった近くの沼に移動。結局ここでも見つけることが出来ず諦め。せっかく栃木に来たので以前見つけたマダラヤンマのいる池に移動。管理している方に様子を伺うと、マダラヤンマは8月後半からで、去年は8頭位出たとのこと。池が数箇所点在しているため一回り。

▼モートンイトトンボ 緑のボディとオレンジの尾部が美しい。
f0324026_18140620.jpg
f0324026_18142491.jpg
f0324026_18531376.jpg
▼キイトトンボ 弾むように飛ぶイトトンボ。警戒心が強く、なかなか撮影させてくれません。
f0324026_18203811.jpg
f0324026_18233253.jpg
▼ツノトンボ
f0324026_18242463.jpg
この公園の管理の方からもハッチョウトンボの様子を伺うと、もう時期的には遅いとの事。それでも一番近い場所を紹介頂き移動。

宇都宮市内のH池。ハッチョウトンボは天然記念物として保護しているとの看板。やはり時期が遅いようで一回りして出会えず、また来年のお楽しみ。6月の訪問を計画したい。それでも会いたいと思っていたハラビロトンボに出会えて満足です。

▼ハラビロトンボ(♂) 鼻先にはエメラルドの輝き
f0324026_18302796.jpg
f0324026_18304529.jpg
f0324026_18310418.jpg
台風一過の影響か、一気に気温上昇、大変な日でした。
ただ遠征しても新しいトンボたちに出会え大満足の一日でした。



by Nature_Oyaji | 2014-07-12 16:00 | 自然 | Comments(0)


<< 地元のM公園でベニイトトンボ      台風一過 >>