オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 02日

野田 M自然公園訪問

TG-3のテスト撮影を兼ね、早朝からいつものO公園でオニヤンマの羽化を探しに訪問

●オニヤンマ 水路から這い上がって擬木に渡してあるロープにぶら下がっていました
f0324026_18455410.jpg
●TG-3 深度合成撮影テスト シャッタを押すと約1秒間連続撮影し、それが終わると自動合成 ブレなどで像が重ならないものは合成できませんとの表示が出ます。写真はその時のもの。2枚自動的に出来上がっていて(設定による?)一枚目は何も処理がない、もう一枚は深度合成したものになっていました。明らかにカメムシ後ろの擬木にもピントが合っています。素晴らしい! 同定はあとで。
f0324026_18471648.jpg
f0324026_20115329.jpg
●イナゴ 朝露に濡れていつもとは違った表情 キチン質の外骨格は見事な撥水性で体に付いた水滴が綺麗です。こんな姿は面白いので次回もう少し撮りたい。深度合成モード
f0324026_18535113.jpg
●カマキリ こちらも深度合成モード
f0324026_18541385.jpg
そうこうしている時、いつもブログを拝見しているIさんが通りかかり、色々情報を頂きました。先日のムツバセイボウをお尋ねしその場所に急遽見に行くことに予定変更。(Iさん、ありがとうございました)

公園近くの川沿い。歩くと何故かモンシロチョウがそこここにまとまって休んでました。まだ少し早い時間のせいかもしれないが、近づくと驚いて一斉に飛び立ち、チョウの中で何か嬉しい気分。

●モンシロチョウたち
f0324026_19045703.jpg
f0324026_19053044.jpg
f0324026_19053956.jpg
公園到着。教えて頂いた場所を確認すると、嬉しい事にいました。ただ少しだけ歩き回っている所が見えただけでまたどこかへ飛び立ち。一周りして戻った時に期待。

で、いる所にはいるもので、大量のアカハネナガウンカに遭遇。ススキが好物といっても、止まっているススキは大人の腰の高さくらいの低いススキ。それがお好みのようです。

●アカハネナガウンカ ペアも確認 メスはバッタのメスのように尻に尖った産卵管が出ていました。
f0324026_19114511.jpg
f0324026_19112324.jpg
f0324026_19151827.jpg
f0324026_19152846.jpg
f0324026_19165205.jpg
●セイヨウミツバチ 吸蜜とその後の様子 葉に止まって花粉団子を作成していたのか、体中を足にある花粉集め用のクシ毛で撫でていました。
f0324026_19265825.jpg
f0324026_19270941.jpg
f0324026_19173970.jpg
f0324026_19190457.jpg
f0324026_19194282.jpg
アワダチソウグンバイ 数ミリの昆虫 おそらく最小クラス 名前は見たまんま、軍配ににているから。深度合成モードにて
f0324026_19211309.jpg
●ツチイナゴ
f0324026_19280527.jpg
ここだよ
f0324026_19281950.jpg

クサギカメムシ
f0324026_19290336.jpg
f0324026_19303464.jpg
f0324026_19310495.jpg
f0324026_19322354.jpg
●ベッコウハゴロモ
f0324026_19331197.jpg
●スケバハゴロモ

f0324026_19334847.jpg
一周して先ほどのポイントへ。見つかりました。

●ムツバセイボウ 歩きながら穴をとても気にします。どうやらこの個体はメスで、寄生するハチの巣穴(竹に巣を作る)を探しているらしい。
f0324026_19354810.jpg
f0324026_19382630.jpg
f0324026_19384318.jpg
●フタスジスズバチ ムツバセイボウはこののハチが作った巣(竹などに穴をほって作成)に寄生する。 寄生される側のハチがちょうど毛虫を捉えてきた所。
f0324026_19423442.jpg
●アリグモ 形はアリに擬態しているものの、よく見ると足は8本(前脚は触角に擬態している)そして口の影には蜘蛛らしい牙をのぞかせてます
f0324026_19491503.jpg
f0324026_19483231.jpg
自然公園近くに「コウノトリの里」があったので訪問してみた。逃げないよう、ネットの空間で親子が過ごしています。

●コウノトリ
f0324026_19561202.jpg
f0324026_20020533.jpg
TG-3の操作性はTG-2より更に洗練されていると思います。深度合成モードも簡単。LEDライトガイドも使える機能です。



by Nature_Oyaji | 2014-08-02 20:05 | 自然 | Comments(6)
Commented at 2014-08-02 21:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ita-san at 2014-08-02 23:56 x
オヤヂさん、こんばんは
新しいカメラ、調子よさそうですね!!!
それにしてもアカハネナガウンカ、見れば見るほどかわいいですね!!!
Commented by Nature_Oyaji at 2014-08-03 00:17
市川散歩さん
ありがとうございます。
近場ではみられないのではと思っていただけに、絶滅していないという事は良い情報です。
今日はお陰様でムツバセイボウに会えました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-08-03 00:20
ita-sanさん
今まで出会えてなかったのに、一度経験すると不思議とまた目につくものです。おまけにペアの所も見られてうれしい時間でした。
新しいカメラは虫撮りには絶好です。散財にならずに済みそうです。
Commented by あしゅりん at 2014-08-04 14:42 x
グンバイムシは、アワダチソウグンバイだと思います。
ナシグンバイと似ていますが、色合いで判断できます。
セイタカアワダチソウだけではなく、ヒマワリの葉などでもよくみかけますよ。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-08-04 21:04
あしゅりんさん
ありがとうございます。
この小さい者の世界も危ないですね。どんどん深みにはまりそうです。今日会社裏の葉の上に別の種類(いつぞやmy365に掲載したもの)が見つかったので撮影しました。またアップします。


<< 市川 O自然公園      クロアゲハ >>