2014年 09月 13日

渡りの季節

いつもの市川の公園。
昆虫たちも少なくなる時期、今いる者達の記録と渡りの鳥たち

ミスジミバエ(三筋実蝿) 昨年の7月以来、2度目 複眼の色がとても綺麗なハエ 場所によっては農作物の害虫
f0324026_01021373.jpg
f0324026_01022162.jpg
f0324026_01022979.jpg
●トリバガの一種
f0324026_01024084.jpg
●アジアイトトンボ 羽化後まだ未成熟のメス 正面顔は少女漫画的
f0324026_01025502.jpg
●ヤマトシジミ
f0324026_01030832.jpg
●蜘蛛に捉えられたガガンボ 
f0324026_01031580.jpg
公園下の川沿いの土手にあるニラの花
●キタテハ
f0324026_01034581.jpg
●イチモンジセセリ
f0324026_01035236.jpg
f0324026_01040344.jpg
●マダラアシナガバエ(?)か
f0324026_01041478.jpg
f0324026_01042179.jpg
●スズメバチ
f0324026_05491419.jpg

川の脇の高台にある公園。花壇に集まる昆虫たちの撮影で訪問したものの、花の入れ替え中ですべて撤去済
公園を何気なく回っているといつも現場で会う方々とばったり。一緒に渡りの途中の鳥達に遭遇

●ツツドリ
f0324026_01044673.jpg
f0324026_01045364.jpg
●エゾビタキ
f0324026_01051175.jpg
●サンコウチョウ(メス)
f0324026_01052894.jpg
いつもの地元の方々と久しぶりに鳥の撮影に夢中になった。
結局、ツツドリ、コサメビタキ、エゾビタキ、サンコウチョウ、キビタキが入った。

もう彼岸花の時期 ここには毎年、白と赤が咲く
f0324026_01090525.jpg
f0324026_01091514.jpg


by Nature_Oyaji | 2014-09-13 18:00 | 自然 | Comments(0)


<< 秋の栃木遠征      雨の日 雨粒景色と昆虫たち(写... >>