オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 12日

アサギマダラ 再び

先週は一度はアサギマダラに出会えたものの、時間にして1分弱。
もう少しゆっくり会いのでまた八王子方面へ訪問。

例によって早朝の雰囲気も味わいたいので3:30時出発。
先週の多摩川の河原付近には4:30時過ぎには到着。日の出は5:45なのでそれまで車内で仮眠。

6時過ぎに行動開始したものの、雲が多く朝日は拝めず終い。
f0324026_014811.jpg

一旦また車で仮眠。起きた7:30時過ぎは日差しも出て良い天気。
今日の多摩川は水量が多く、気温も低め。まだトンボの時間ではないので周りを散策。
ミサゴが1羽、暫く旋回後対岸の木で休憩中。800mmでも手持ちということもあり、ボケ写真ばかり。
f0324026_054521.jpg
f0324026_065484.jpg
草の中の小道脇
●また驚きのオオカマキリ 
一般的にはオスはメスに食われる・・というのは必ずしも正しくはないらしいが、このカップルは見事に言われている通りの最中。ほぼ胸から上はメスの餌食。オスは子どものために身を捧げた形。
f0324026_0114593.jpg
●ツマグロスケバ
f0324026_0144687.jpg
f0324026_015922.jpg
●ツチイナゴ
f0324026_0161517.jpg
f0324026_0162613.jpg
●ツマグロキンバエ
f0324026_01754.jpg
●キタテハ
f0324026_0172751.jpg
●ミサゴ 時間が経ってからは3羽が上空で旋回。少し離れた所で大砲で狙っている方に伺うと、対岸の枯れ木で捕った魚をいつも食べるのだという
f0324026_0192717.jpg
少し気温も高くなってきたので、ミヤマアカネのいた場所へ
●ハイイロチョッキリの仕事
途中で比較的新しいハイイロチョッキリの落としたドングリが見つかり、暫く成虫を探してみたもののやはり見つからず。
f0324026_0221073.jpg
●ハナアブ(同定出来ず)
f0324026_0372478.jpg
●ミヤマアカネ
先週と同じ、多摩川に流れ込む小川付近。先週あれだけいたので期待したものの、今日はミヤマアカネの姿はペアが3組程度、単独は数頭のみでひょっとしたら先週がピークだったのかもしれない。先ほどの草の中の道脇には数頭。
f0324026_5491824.jpg
f0324026_0265363.jpg
f0324026_0272463.jpg
●セッカ
すぐ近くのススキの穂に数匹。近寄ってもすぐには逃げず、4m先程度での撮影。
f0324026_0382837.jpg
f0324026_0384260.jpg
f0324026_038591.jpg
12時近くになり、アサギマダラに会いに裏高尾へ移動。イメージ的には道脇によく植えられている花で吸蜜する姿。出会いを期待して走っていると目の前を一頭アサギマダラが通過。慌てて近くに車を止め、様子を伺うと脇道の家の畑と家の庭にフジバカマが植えられていて、そこで吸蜜中。キバナコスモスは大量にあるが、どうやら好きではない様子。やはりアサギマダラはフジバカマ。
●アサギマダラ
f0324026_0485477.jpg
f0324026_049436.jpg
f0324026_050975.jpg
f0324026_0502865.jpg
この個体には識別記号が書かれている。以下同じ個体の写真。
f0324026_051029.jpg
f0324026_0514898.jpg
f0324026_0553376.jpg
f0324026_0563463.jpg
f0324026_058384.jpg
●クマバチ
例によって魚眼での撮影。
f0324026_0591098.jpg
f0324026_0592840.jpg
f0324026_0594218.jpg
f0324026_10174.jpg


アサギマダラに出会えて大満足の日。

by Nature_Oyaji | 2014-10-12 01:05 | 自然 | Comments(4)
Commented by 市川散歩 at 2014-10-12 08:36 x
行動力抜群ですね。
ミヤマアカネの交尾アサギマダラの飛翔が素晴らしいです。
ミヤマアカネの交尾を撮りたくて蝶の里に出掛けていますが全滅です。
ムラサキシャチホコは蛹で越冬の様ですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-10-12 12:57
市川散歩さん
訪問ありがとうございます。
あの日は紹介されて訪問してみたら、そこかしこにミヤマアカネ。もっと山間とか北に行かないと見られないと思っていただけにうれしい出会いでした。
アサギマダラもようやく出会えました。
ムラサキシャチホコは定期的に霧を吹いて、様子見継続中です。
Commented by kaf at 2014-10-12 23:48 x
アサギマダラ綺麗に撮られていますね。
マークの解読はちょっと難しいです。
長距離を移動したのでしょうか。

子供の頃、飼育していたオオカマキリは、交尾後
まず首に噛み付き、頭を食べました。
かなり衝撃的なシーンだったので、よく覚えていましたが、
それを思い出しました。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-10-13 06:28
kafさん
林道に向かう道を走っていて、本当にたまたま一頭が目の前を通過しなかったらこの場所は通過してしまう所でした。
奇跡的な偶然です。
この後林道にも行って見ましたが、昆虫はほとんど見当たらない状況でしたので、今回の撮影場所に気づかなければ本当に無駄足になる所でした。あの家の方がフジバカマを植えてなかったらこの出会いはありませんでした。
このマークの個体、一度は翅を掴んで捉えてみたのですが、マークの撮影を忘れてしまい、画面をソフトで左右反転してみましたが、なかなか判別は難ですね。

カマキリ、交尾後食べられないオスもいるようですね。何かで読みました。
でも食われるのも普通のことなので、久しぶりに見かけて撮りました。昆虫なので本能だけなのでしょうが、鎌で押さえつけている所がしっかり大事な相手を抱きしめているような少し切ない感じがしました。


<< ご近所でキビタキとモンキチョウ撮影      皆既月食 >>