オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 18日

初めての訪問場所でホソミオツネントンボ探し

ホソミオツネントンボがまだ活動中というお知らせを頂いていたので探しに行ってみました。
地名等を伺っていたのでその場所の地図で水場を確認。
あとは現場近くに行って、まあ見つからなくても他の昆虫撮影が楽しめれば良し。
行き着いた場所はほんの少し高い丘と丘に挟まれた田圃が細長く続く所。田圃の中央には人工的な水路と、田圃と丘の境にもうっすら水が流れている。ホソミオツネントンボが好きそうな枯れた竹も豊富な場所。
f0324026_225538.jpg
だいぶ朝夕は寒くなってきてトンボたちにはだんだん厳しい季節、それでも到着した昼過ぎは暖かくアカトンボたちも元気な様子。
●ナツアカネ
f0324026_22171247.jpg
●柿の木にもたくさんのナツアカネたち
f0324026_22311068.jpg
f0324026_2231205.jpg
f0324026_22313182.jpg
●こちらはアキアカネ(と思われ)
f0324026_22345132.jpg
田圃を横切り、丘と田圃の境の小道を観察。子道脇には浅い水路と枯れた竹林や林。
●オオアオイトトンボ ここでは個体数が多い
f0324026_22423912.jpg
f0324026_2243546.jpg
f0324026_22433355.jpg
そして枯れた竹林の近くで全くの偶然にホソミオツネントンボに遭遇。綺麗な越冬色。
●ホソミオツネントンボ
f0324026_2246690.jpg
f0324026_22462150.jpg
f0324026_22463925.jpg
f0324026_22465275.jpg
●コカマキリ 産卵前の感じ
f0324026_22494398.jpg
●ネコハエトリ(♀)
f0324026_22541990.jpg
●撮影中、ホソミオツネントンボが捕食される場面に遭遇。偶然ジーパンに留まった。
f0324026_225669.jpg
もう夕刻
f0324026_22582265.jpg
f0324026_22585069.jpg
f0324026_2259816.jpg
f0324026_3245534.jpg
●翅の傷んだアキアカネ(と思われ) 
f0324026_2312216.jpg

f0324026_2313610.jpg


来春、色の変わったホソミオツネントンボとの再会が楽しみ。

by Nature_Oyaji | 2014-10-18 23:12 | 自然 | Comments(6)
Commented at 2014-10-19 15:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 市川散歩 at 2014-10-19 15:26 x
田圃の画像は見覚えが有ります。
この先の竹藪にかカトリヤンマがいて羽化直後を撮りました。
ホソミオツネントンボは春には産卵が見られます。
オオアオイトトンボの撮影もこの場所です。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-10-19 16:28
ゴリちゃん
だんだん秋が深まってきました。
季節の変化と共に変化するトンボや昆虫たち、今しか撮影出来ない風景です。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-10-19 17:13
市川散歩さん
今回の訪問先、おっしゃっていた場所で間違いなさそうですね。
おまけにカトリヤンマの情報まで。
ありがとうございます!
来年のトンボの季節が楽しみです。
Commented by うすのき at 2014-10-21 20:40 x
 良い秋の一日。
トンボと秋・・・素晴らしい組み合わせ。
ハチを撮る私には、時間がない感じがして少し辛い。
過去の写真はあるけど、今年撮っていないハチたちが心残り。
次の撮影が最後かなと寂しくなります。
冬はコバチがいますけど。(笑)

 そういえばトンボ・・イトトンボとかアオイトトンボは腹をウニュウニュしますね。
カトリヤンマ!細い腰と、あの複眼・・素晴らしいトンボの一つですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2014-10-22 03:34
うすのきさん
秋が深まって昆虫たちが少なくなってきましたね。
なんでも追いかけているので、トンボたちの今は残しておきたい秋の風景です。

イトトンボたちは留まると時々ストレッチ的にやりますね。
何でしょう^^。


<< 市川S公園 花と鳥と昆虫      アカガネコハナバチ >>