2014年 10月 27日

アカガネコハナバチ

昼休み。
今日は天気も良いので、会社近くの花畑でアカガネコハナバチ撮影に再トライ。
先週はまだかなりの数がいたものの、今日はずっと待って訪花は3匹程度。
本当にだんだん少なくなってきて、季節の変化を感じます。

結果は設定ミスでシャッター速度が遅く、被写体ブレばかり。
それでも初めての手乗りだったので記念に掲載。
f0324026_022371.jpg
f0324026_023267.jpg
f0324026_024184.jpg
f0324026_03559.jpg
f0324026_02591.jpg


撮影中、時折輝くエメラルドグリーンの複眼。
完全に捉えることは出来ないが、何となく輝く角度が見えてきた。また明日挑戦。

by Nature_Oyaji | 2014-10-27 13:00 | 自然 | Comments(2)
Commented by うすのき at 2014-10-28 01:58 x
 こんばんは。
初手乗りなんですね、どうしたタイミングか乗ってきますよね。
で・・身づくろいを始めます。(笑)
指先の小さな生き物・・重さも感じないけど飛んで子孫を残す不思議なものです。

そうです、ぶれます。
気合を入れたほうがいいのか、力を抜いたほうがいいのか・・・撮影者のコンディション次第のようです。
私はセグロアシナガバチのオスの乗ってもらおうかと。
脚まではかかります・・指に乗せてカメラを構えるまでに飛んでいきます。(ToT)
Commented by Nature_Oyaji at 2014-10-28 04:04
うすのきさん
遅くにコメントありがとうございます。
やっと乗ってくれてもう子ども状態でへっへっへという感じです。
吸蜜が終わったあとすぐ飛び立って次の花に移るでなく、歩き出した時がチャンスですね。満腹で気もゆるむのか、警戒心もなく乗ってきました。そして身づくろい。
改めて小さな生き物の息遣いを感じます。

手乗りまでくればもう一つの飛び道具TG-3での撮影の方が確実。
また挑戦です。


<< 今日も飽きずにアカガネコハナバチ撮影      早朝から千葉のフィールド訪問 >>