2014年 11月 28日

公園の新顔 シロハラコカゲロウ か?

今日は自分の観察する目の網目というか、いつも気づく昆虫サイズをもう少し下げてより小さいものにも注意して観察。
そうしながら見て見つけた新顔が一種類。
●シロハラコカゲロウ か?
カゲロウの仲間のよう。翅を立て、尾部には2本の長い毛。前脚はユスリカのように長脚。大きさ(純粋に体の長さ)は4mm程の感じ。でも水辺がない??(知らないだけ?)それにしてもユニークな複眼です。円筒形を2つ並べたような感じ。ネットで調べたら「ターバン眼」というらしい。うまい方の写真を見ると、ターバン眼の付け根には左右に複眼、それに単眼が3つあるらしい。う~ん。ピンぼけばかりが残念。もう一度出会ったらゆっくり撮影してみたい。
f0324026_714480.jpg
f0324026_7141340.jpg
●オンブバッタ 本当にあとわずかという感じが寂しい
f0324026_7381754.jpg
●ツマグロキンバエ(♂)左右の複眼が離れてない 今も一番多い。中には二回りも小型のものも。
f0324026_7421820.jpg
●ホソヒラタアブ
f0324026_7431344.jpg
●ヨモギハムシ 青系も散見
f0324026_7435552.jpg

f0324026_7441316.jpg
f0324026_7442399.jpg


by Nature_Oyaji | 2014-11-28 12:50 | 自然 | Comments(2)
Commented by フッカーS at 2014-11-29 14:34 x
シロハラコカゲロウかもしれませんが、よく分かりませんね(汗)。とりあえずカゲロウとユスリカは、撮っても具体的な種類を同定する術が無くて、記号で整理するしかないので私も困ってます。カゲロウの類なんかは幼虫の形態で分類されてたりするので、成虫の外見的特徴で種を検索するテキストが欲しいです。ユスリカは文一総合出版から「図説 日本のユスリカ」という本が出てるらしいですが、まだ内容を見たことは無いです。本のサンプルページの画像は、顕微鏡写真が並んでて、同定ポイントが同様の細部形態だったら資料があっても同定は出来そうにないなぁ・・・・orz
Commented by Nature_Oyaji at 2014-11-29 17:40
フッカーS さん
見て頂きありがとうございます。
だんだん深みにはまっていく気分です(心地よいですが・・)。
少し注意するだけでいつもの新宿の公園にもいろんなのが見つかり、もっと昆虫たちが活発だった頃からそんな目を養えば良かったなと思う次第です。
このカゲロウやらユスリカは分類など難しいのですね。専門書もあるとは、一つの科だけでも相当深いですね。
昆虫は好きでも分類とか何科とかまではなかなか頭に入りませんが、出会った相手の素性を確認するというスタイルでご近所散策していきます。
今後もお付き合いよろしくお願いします。


<< 夜景撮影      花壇も紅葉の頃  >>