オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 11日

遠征 ナベヅルやトラフズクとの出会い

以前から気になっていたナベヅルの幼鳥。
関東に来るのは珍しいので一度出会って見たかった。

●ナベヅル 現場で伺った話では静岡にも飛来しているらしい。九州は有名ですが、比較的近い静岡にいるのが仲間なのかもしれない。成鳥には出会ったことがないのですが、よく分かる違いは頭頂部が赤くなっているかどうか。
この個体はまだまだ赤くなっていないので成長途中の幼鳥。渡る際は仲間と無事に行って欲しい。
f0324026_21355394.jpg
f0324026_21362992.jpg
f0324026_21440957.jpg
f0324026_21443026.jpg
f0324026_21455576.jpg
f0324026_21463337.jpg
この後、前回車がなく徒労に終わった渡良瀬遊水地に再訪問。
車で回っても時間がかかる場所だったのに、前回はよくもまあ歩いて訪問したものだとつくづく。

広いヨシの草原の一本道の途中で撮影されている方がいたので様子を伺ってみた。
1年ぶりの訪問とのことで、昨年の同時期はここで色々な猛禽類が見られたのに、今年は何も見られないとの事。

さて目的だったオオモズの結果は空振り。すでに待っていた方に伺うと、今日は7:45分頃近くに出たらしい。
最近は出る時間帯が早くなり、一度出ると暫く何処かへ行ってしまうという。暫く一緒に待ってみたが出てこないので、先ほど撮影されていた方から伺ったトラフズクたち撮影に変更。

●トラフズク 何羽か巣立った子どもたちがまだこの林で無事に過ごしているという。昼間なので葉の影に隠れるようにしているので、撮影は枝被りなどの状態。それでも初撮影、うれしい出会い。
f0324026_21591095.jpg
f0324026_21592379.jpg
土手から見ると少し顔が見えることを一緒にいた方が見つけてくれて、皆で同じ方向から撮影。耳上の羽が可愛い。
f0324026_22005139.jpg
f0324026_22010155.jpg
f0324026_22012357.jpg
f0324026_05510434.jpg
お昼近くになり、市川でお世話になっている方と野田方面でのコミミズク撮影に合流。
自分の中ではいくつかの昆虫や鳥についてはなかなかご縁がないものがいて、何度訪問してもダメなのがいる。
コミミズクもその一つ。同じ場所には一昨年シーズンから何度も通ってみたものの、結局一度も出会えていない。

●チョウゲンボウ 現場でホバリング中
f0324026_22091977.jpg
今日も日の入りギリギリまで皆さんと一緒に待ったが出てこず、日の入りまで後10分程度だったが先に引き上げ。

●夕日の中のツグミ、ホオジロたち 帰り際目の前に出てきてくれたきれいな情景
f0324026_22101128.jpg
f0324026_22102555.jpg
f0324026_22103498.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

帰宅後休んでいた所、先ほど一緒だったベテランさんから電話があり、あの後出てきたとの事。
流石に飛翔は日が暮れ気味だったので撮影は上手く行かなかったが、近場で地面に留まってくれた所は綺麗に撮影出来たというお話。ご縁の薄い鳥などとの関係はいつもこんな感じ。それでも今シーズンは出会える気がする。


by Nature_Oyaji | 2015-02-11 18:45 | 自然 | Comments(0)


<< カワセミのダイビング      雨の日のホソミオツネントンボ >>