オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 14日

久しぶりに地元の自然を観察

少し遠征続きだったので暫くはご近所の自然の変化を観察予定。次の遠征はギフチョウの頃になりそう。

●オオタカ
昨年より住み着いていて、昨年は数羽のヒナを育て上げ、今年も昨年使った巣の改修開始。
地元の方々は昨年はずっと巣立ちまで撮影されていたものの、こちらは昆虫撮影に夢中になっていたためとうとう一度もまともに撮影せずに終わってしまっていました。
今年は貴重な生き物(最近は数は増えてきている)を引き続き観察していきたい。

早朝、小鳥を捉えていた場面。6:30頃到着した際、一羽が枝に留まっていた姿を見たもののこちらの気配を感じてすぐ飛び去ってしまい、この獲物を捉えて戻るまで約2時間待ちでした。
f0324026_1933731.jpg

今日は通院のため一旦帰宅し、午後まずは川の土手で新チョウたちの観察。暫く歩いてみたものの、今の所気温は9度のためか一頭も出会えず。
朝のオオタカのポイントに再度訪問。ちょうど枝被りではあるが遠くに留まっていました。
その後飛び去ってしまったのでこの場所は引き上げ。
f0324026_1985088.jpg
f0324026_199391.jpg
f0324026_1910565.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

●ホソミオツネントンボ
3月初めに様子を見に行ったホソミオツネントンボ、2週間経っての様子。
前回4頭程見られた場所ではオスが2頭のみ。この2頭は前回と同じ場所に留まっていたが、それ以外の個体は場所を変えたようで見つからず。木の枝をチェックしつつ、歩きながら足元の様子も見ながら移動したものの、飛ぶ姿は結局は見られず、どこかに行ってしまったようです(あるいは見つけられないのかも)。
色はよく見ると青色が前回よりはっきりしてきた感じ。メスの個体に比べてとてもか細い。
f0324026_19173082.jpg
f0324026_19175269.jpg
隣の区画の林にいたメスの個体
f0324026_19185295.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ホソミオツネントンボ観察の帰りに、またいつもの池を訪問。
●いつもの場所にカワセミのオス
f0324026_19265437.jpg
f0324026_19375549.jpg
f0324026_192810100.jpg
f0324026_19381520.jpg
f0324026_22454361.jpg
f0324026_19282163.jpg
●コサギ 飾り羽も増えてきました。
f0324026_192992.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL

by Nature_Oyaji | 2015-03-14 19:38 | 自然 | Comments(0)


<< カワセミ達、バトル再開      テントを買ってなかなか近付けな... >>