オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 20日

ご近所 春の変化

オオタカ撮影で行った林。
暫くオオタカを待ってみたものの、巣作りで動いている様子が伺えるものの、開けた場所には留まってくれず撮影出来ません。

●コゲラ
懸命に巣作り中。
枯れた太めの枝に穴を開け、時折掘り進んだ木くずをばらまいては辺りの様子を伺うような仕草。
この穴の下には同じコゲラが掘ったのか分からないものの、もう2つの穴がありこれが3つ目。
メスが気に入らなかったのだろうか・・。
f0324026_1654349.jpg
f0324026_165523100.jpg
f0324026_16561044.jpg
f0324026_16544435.jpg
f0324026_201935.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL+TC-16A

レンズはいつものBORG 71FLにニコンD7100でAF BORG用に買っておいたTC-16Aを取り付けて、1.6倍の約1280mmで試し撮りしてみました。
結果的には解像度は若干落ちる感じですが、使えないことはなさそう。
ただ暗めの場所ではISO感度を上げる必要があり、それに伴うノイズが出てしまうので、やはり晴天番長的な使い方のみのよう。
実はニコンD7100でのAF BORGはTC-16Aの接点を改造して動くようにして試してみたものの結果は良くなかったので、思案の結果初めはE-M5を買い足し、また使い勝手からE-M1に変更してMFで使うことで今は落ち着いています。
D7100でのBORGはピンのヤマがつかみにくく(合焦すると白の点が点灯するのですが)、E-M1での拡大してのピン合わせに慣れてしまってすっかり使わなくなってしまっています。

●シュンラン
春ですね。コゲラ撮影場所の近くの斜面にたくさん咲いていました。
f0324026_17284511.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

いつものカワセミのいる池周りで、越冬した昆虫たちが活動開始。撮影できなかったがカナヘビも目撃。
●ツチイナゴ
触れてみると強力な後脚でジャンプ。
f0324026_1785611.jpg
f0324026_1791143.jpg
●ナナホシテントウ
f0324026_1711469.jpg
●ヒメハナバチ(?) 白髭ヅラの正面顔が印象的で撮影したかったものの、とても過敏で近寄ることが出来ません。
勝手な推測ですが、春先捕食者も獲物を求めて活発に活動していることと、ハチたちもこれから繁殖時期なので簡単には捉えられないようこの時期は過敏に反応している・・のかなと。
f0324026_17122031.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●カワセミ
今回は新芽の枝と珍しく梅の木に留まった所。
TC-16Aを介してはやはり光量が落ちるようで、ここでの写真は暗めではっきりしない。
次回はもっと天候の良い時にテストしたい。
f0324026_17314672.jpg
f0324026_1732997.jpg
f0324026_2023832.jpg
f0324026_17325295.jpg
f0324026_173368.jpg
●ダイサギ 目の周りがグリーン系に変化
f0324026_19154271.jpg
Olympus E-M1+BORG 71FL+TC-16A

来週は桜開花の頃。桜の枝に留まるカワセミの姿を残しておきたいですね。

by Nature_Oyaji | 2015-03-20 20:00 | 自然 | Comments(0)


<< コサギ      会社近くの花壇を久しぶりに観察 >>