2015年 04月 26日

都下訪問-2 里山にて

里山に移動。途中から気温も上がり、春とは思えないくらいの陽気。
今季初のものあり、初見のものありで楽しいひととき。

●ウスバシロチョウ 今季初
f0324026_22525792.jpg
f0324026_2253406.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤマトセンブリ 初見 顔はヘビトンボ。成虫の下にあるのが産み付けられた卵。
f0324026_22554157.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●シオヤトンボ 悩ましい季節。国内約200種類に加えて、オスメス、成熟未成熟、オス型、メス型などなど 少なくとも撮影時は横や正面など必要との事。
f0324026_2311938.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●アサヒナカワトンボ(♂) 赤の縁紋が♂で♀は白。あとは翅の色違いもあるらしい(みき♂さんありがとうございます)
f0324026_2256458.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ダビドサナエ(♀) まだ羽化後よく飛べない個体。風で飛ばされてきたらしい。
f0324026_2316022.jpg
f0324026_23175983.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●その他
f0324026_2319938.jpg
f0324026_23193446.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●レンゲ草のハチたち
f0324026_2320498.jpg
f0324026_232153.jpg
f0324026_23212676.jpg
f0324026_23215728.jpg
f0324026_23231486.jpg
f0324026_232524.jpg


by Nature_Oyaji | 2015-04-26 23:29 | 自然 | Comments(6)
Commented by mikiosu at 2015-04-27 20:56
こんにちは、みき♂です。
ウスバシロチョウ、とても綺麗ですね。
この場所は何度か行ったことがあると思います。
カワトンボの♂は縁紋は赤が普通ではないかと思います。
サナエトンボもいろいろ出はじめて忙しくなってきますね(笑)。
↓のムカシトンボのヤゴの羽化殻も素晴らしいです。
今季まだチャンスがあると思うので、何とか成虫を見てみたいです。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-04-27 22:15
みき♂さん
こんばんは。昨日は気温が一気に上がり、トンボたちも慌てて羽化した感があります。
歩いているとやっと飛べる位、でも無理して飛んでいるような羽化後のトンボたちが多数見られました。

アサヒナカワトンボ、というよりトンボたちの同定はまだハードルが高いです。ありがとうございます(^^)

色々出会いの多い一日でした。
Commented by ろっくん at 2015-04-28 22:10 x
こんばんは、ウスバシロチョウ綺麗ですね。私も前々からこのチョウを撮ってみたいと思っているのですが、私の住まいの周りにはいないようです。実家(八王子)の近くではいるような事は聞いていますが、なかなか行けない状況です。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-04-28 22:31
ろっくんさん
こんばんは。やはりご近所辺りにはいませんね。
仰るとおり八王子方面に行けば富んでいます。
ここも八王子に近い場所です。
思いのほか大きく、迫力があります。
Commented by ろっくん at 2015-05-03 18:30 x
こんにちは、連休なのですね。私は連休は関係なく今月も水・日休みです。今週は疲れすぎたせいか、今日夕方少し外に出ました。イトトンボの産卵とても面白いです、水にもぐったりまた、綺麗に並んで産卵している姿は見事です!
Commented by Nature_Oyaji at 2015-05-03 19:03
ろっくんさん
いつもありがとうございます。
休むときは休んでゆったりが大事ですよ。
クロイトトンボは暫く見ていたらだんだんメスが水に入り産卵、引き入れられるようにオスも一緒に水中へ。長いと15分程潜っているようです。
体の周りに空気の層が見えましたので、空気をまとっての産卵なのかもしれません。面白いですね。


<< アオスジアゲハとツマキチョウ      都下訪問-1 ムカシトンボ 今... >>