オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 30日

埼玉のトンボ

埼玉の川を訪問。早朝から昼過ぎまで川の中を行ったり来たり。半濡れになり、冷たい尻を触りながらウエーダーの必要性を感じた撮影でした(買うか・・)。

●アオハダトンボ
f0324026_4501617.jpg
f0324026_450012.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_4503746.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●ミヤマカワトンボ 尻切れはご容赦
f0324026_516934.jpg
f0324026_4513846.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)
f0324026_4522073.jpg
f0324026_4543865.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●ホンサナエ
f0324026_4555885.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●アオサナエ 昼近くオベリスク倒立
f0324026_4563176.jpg
f0324026_4564315.jpg
f0324026_4573629.jpg
f0324026_635361.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●昼近くで羽化後ようやく飛べるようになったもの
f0324026_5242752.jpg

川の隣の林にて
●コオニヤンマ あの平べったい羽化殻からは信じられない変身ぶり
f0324026_4595688.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ダビドサナエ(♀)・・と思ったのですが、違うようだとお知らせ頂きました。ヒメサナエ(♂)の可能性。確かに尾部の模様などが違う事や先ずはメスにしては細すぎました。横からの写真がないので此処まで。
f0324026_514784.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ミズイロオナガシジミ ゼフィルスも探してみたものの出会えたのは一種類だけ
f0324026_5304561.jpg


by Nature_Oyaji | 2015-05-30 19:00 | 自然 | Comments(4)
Commented by kaf at 2015-05-31 13:32 x
いろいろ見られたようですね。
しかも写真のクオリティも高くすばらしい。

水に入り水面近くで撮ろうとすると、どうしても尻を濡らしますね。結局は水没もしてしまうし。私も先週実感しました。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-05-31 16:57
Kafさん
少し山あいに行くだけで、まだまだ出会うことの少ないトンボたちに出会えます。
そちらの川も未訪問ですが、同様に多数の出会いがありそうで楽しみです。

撮影していると我を忘れて思わずしゃがみこんでしまって・・。
トンボ目線に合わせるともうダメですね。立ち上がって触ると半濡れ状態、これは必要性を感じます。どうしよう~^^;
Commented by mikiosu at 2015-06-01 01:37
こんにちは。
アオハダトンボの美しさもさることながら、なかなか近寄りがたいミヤマカワトンボ♂のフィッシュアイレンズでの写真が素晴らしいですね。
お尻を濡らした甲斐があったのではないでしょうか。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-06-01 07:35
mikiosuさん
半日以上川の中での撮影で、すっかりこの楽しさに浸ってしまいました。地面でなく、ベースが水での写真は今まで撮影していないのでとても新鮮でした。
これと引き換えならずぶ濡れでも平気ですね ♪


<< ミドリシジミの季節      サラサヤンマの産卵 >>