2015年 06月 14日

トンボ観察同行の日

今日は早朝から雨の中、トンボのエキスパートの方に同行させて頂き、生態、撮影方法など普段自分では知ることの出来ない沢山の事を教えて頂きました。色々ありがとうございました。
同行中に観察出来たトンボたち。

●オオシオカラトンボ 羽化
f0324026_19234587.jpg
●モートンイトトンボ
f0324026_19273057.jpg
f0324026_19275766.jpg
f0324026_19523028.jpg
●ハラビロトンボ
f0324026_19281556.jpg
●オジロサナエ 羽化
f0324026_1934165.jpg
●コオニヤンマ 羽化
f0324026_19294361.jpg
●ミヤマサナエ 羽化
f0324026_19301077.jpg
f0324026_19302710.jpg
●オナガサナエ 羽化殻 夜来ればたくさんの羽化の様子が見られるとのこと
f0324026_19433338.jpg
●オオイトトンボ
f0324026_1941473.jpg
●モノサシトンボ
f0324026_19322327.jpg
f0324026_1932402.jpg
f0324026_1933474.jpg
f0324026_1937378.jpg
●コサナエ
f0324026_19364450.jpg

沢山の出会いと情報・知識を頂きました。お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2015-06-14 19:44 | 自然 | Comments(2)
Commented by mikiosu at 2015-06-16 03:38
こんにちは。
ど、どれもドラマチックな写真ばかりでびっくりしました!
何だか自分の写真が恥ずかしくなってきました(苦笑)。
素晴らしい写真ばかりですが、とりわけモノサシトンボの産卵シーンが素敵だと思います。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-06-16 05:51
mikiosuさん
過分なコメント、ありがとうございます!
同行させて頂いた方の撮影はものすごいんです。
その被写体が今生きている姿をどうしたら最も良く表現出来るかがとにかく最優先。
相手がいる場所なら草原でも泥の池でもそこが生きている場所なので、何の躊躇もなく相手目線まで自分を低くして、マクロでそっと近づく・・。
そして泥水にカメラを浸してしまうな撮影・・。これが相手と向かい合いながらの撮影だなと・・。
うまく表現出来ないのですが、リミッターを外せない自分が気恥ずかしくなるような気持ちになりました。

そんな感動をもらいながらの撮影でした。
これから少しずつ自分のリミッターが外れていく気がします。

※そしてウェーダーは必須アイテムだと感じました。


<< 早朝の都内M公園と房総・大多喜...      ヒヌマイトトンボ >>