オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 28日

カトリヤンマ 羽化観察-2

Sさんと待ち合わせて山と山の間の田んぼが連なる場所でカトリヤンマの羽化観察。
5時過ぎからあぜ道を回りながら探すも、羽化殻は多数あるものの羽化中の個体がなかなか見つからない。
どうやらここの羽化のピークは過ぎてしまったよう。
色々探しまわり、ようやく何頭か見つかり撮影。

●オオアオイトトンボ 羽化間もない個体
f0324026_1792518.jpg
●アオモンイトトンボ
f0324026_1794955.jpg
●カトリヤンマ
f0324026_17101636.jpg
f0324026_1710491.jpg
羽化してもすぐ命を落とすのも自然のこと。他の生命の糧へ。
f0324026_4343017.jpg
 Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

撮影後、この場所のポイントや見られるトンボの種類などのレクチャーと、近くのホソミオツネントンボの越冬場所をご案内頂きました。

ここでSさんとお別れ。ありがとうございました。また同じ場所に戻り、一人で散策。
まだ見ていなかったさらに奥の田んぼで複数の羽化個体が見つかり、また撮影。

●狙うもの 狙われるもの
f0324026_182795.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ここは8時過ぎには撤収し、手賀沼でカワセミの親子を少し見た後、野田の自然公園を訪問。一度アオヤンマが来たものの撮影に至らず。
他はオオヤマトンボ、ウチワヤンマを確認。またお会いしたAさんと少し話をさせて頂き撤収。

近くの場所にアオヤンマがいる湿地があるとの情報を頂いたので、帰りしな付近を探してみました。
確かに葦などが生えた場所はあったものの、アオヤンマは確認出来ずでここも撤収。

最後、またヒヌマイトトンボを観察。
驚くくらい個体数が多くなっていました。オス同士が牽制し合うくらい生存密度が高く、メスの数も多数。
また羽化後間もない個体も多数見られました。
f0324026_17401982.jpg
f0324026_17403867.jpg
f0324026_17404918.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

by Nature_Oyaji | 2015-06-28 17:45 | 自然 | Comments(0)


<< ウェーダー修理      カトリヤンマ 羽化観察 >>