2015年 07月 25日

マルタンヤンマ 産卵

早朝からマルタンヤンマの産卵の観察のため、里山へ夜中に移動してそのまま車中泊。
今日の東京の日の出は4:43分。明け方4:30頃からしらじらしてきた頃、ヒグラシの大合唱開始。

マルタンヤンマは早朝と夕方に産卵。調べてみると朝方はだいたい8時頃で終了するらしい。
産卵場所で5時位から待つと5:05過ぎに1頭上空を滑空するメスが現れました。
その後オモダカ(?)付近で産卵開始。
f0324026_16534364.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

数枚撮影したもののブレブレの証拠写真程度。更に角度を変えようと一歩場所を動いた途端、飛び去り。聞いてはいましたが非常に敏感。

その後、別の場所で探したり、また戻ったりで様子を見ていましたが、何度か姿を見せたものの産卵に至らず。7:30過ぎにはまた先ほどの産卵場所に来たものの、この頃にはオオシオカラトンボがしっかりテリをはっていて、マルタンヤンマを追い払う光景が見られ、早朝というのも他のトンボの邪魔が入らない時間帯を選んでいるのかもしれません。(夕方の様子は見ていないので不明)
また次回再訪問。
この後、この里山を一周して撤収。

●モノサシトンボ 
春先に撮影した場所を再訪問。ペアは3組で2組が産卵、1組はこれから。あとはあぶれたオスが数頭。
f0324026_20144582.jpg
f0324026_17212652.jpg


Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

このあとは川での観察、昨年ミヤマアカネが見られた場所の様子見をして帰宅。

by Nature_Oyaji | 2015-07-25 17:13 | 自然 | Comments(0)


<< ネアカヨシヤンマ      ウチワヤンマ 羽化 その5 夜の撮影 >>