2015年 08月 02日

都下の昆虫たち

先週に引き続き、同時刻帯にマルタンヤンマの産卵の撮影で訪問。
この辺りは前日は大雨だったようで、そのような日の翌日は産卵できなかったメスたちが集まりやすいということを伺ったが結果は惨敗。
マルタンは1日2回、朝夕に産卵するので朝がダメだったら今日は夕方の産卵可能性があります。
時間があれば午後訪問したい所ですが、夕方用事があるため残念ながら確認出来ません。

回りの生き物たち

●アマガエル 先週はまだ尻尾が残っていたものの今日はほぼ無し
f0324026_4155974.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●マユタテアカネ 久しぶりの芸達者トンボ ストロボ撮影すると複眼が綺麗でした
f0324026_4303254.jpg
f0324026_4305365.jpg
f0324026_431122.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●キイトトンボ
f0324026_4323564.jpg

Kさんと合流
●オナガサナエ 産卵している個体も確認
f0324026_4331215.jpg
f0324026_437232.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●久しぶりのタマムシ 盛んに産卵
f0324026_43991.jpg
f0324026_4392442.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●カトリヤンマ(♂)成熟体 それまで盛んにメスを探していた個体
f0324026_4402659.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ヤブヤンマ 産卵 木に囲まれた薄暗い小さな人工池。池の縁回りには苔がありそこに産卵に来ていたもの。池自体は浅く、水は雨からのもののみで、餌はオタマジャクシが多数なのでこれを餌にしているよう。
産卵時間は14:30から約45分間、場所を変えながらの産卵、思いのほか長時間でした。
最後にはオスも池の中の枝でぶら下がり。
f0324026_456836.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

ヤブヤンマの産卵を撮影して、ふっと昨年地元の神社の小さな池に産卵に来ていたトンボを撮影したことを思い出しました。同様にコケに産卵していたので、昔の写真を出してみると確かにヤブヤンマでした。
撮影日は7/6、時間は11:58と産卵時期と産卵時間帯は共に早いものでした。
伺うとお盆の頃まで産卵が続くという事で、来週お盆休み中要観察です。

暑い中お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2015-08-02 04:47 | 自然 | Comments(0)


<< 撮影の難しさ 間合いの難しさ      ご近所の昆虫たち >>