2015年 08月 08日

ウチワヤンマ 産卵の時期

ウチワヤンマの撮影で、羽化を探して歩いた池の縁を改めて昼近く散策。
単独で飛んでいたり、縁近くに留まっているものはざっと5~6頭程。
ペアは一度に3組ほど確認。

今日は広角でどこまで迫れるか(写真の出来はともかく・・)、留まりものは12-40mm、8mmFisheyeでの撮影で間合いの確認です。

結果は・・やはり難しい。留まって落ち着いた頃を見計らって近付いてもだいたい1.5mまで。
しゃがむといった上下運動にはこのトンボも敏感。
近寄って飛ばれた場所で待てば良さそうと思って、暫くしゃがんでいても警戒してなかなか戻りません。
それでも最後には個体差はあると思うのですが、留まった場所や近づき方など近寄れるコツが何となく見えてきました。

▽何か獲物を捉えて夢中の時なので比較的近寄れたもの(と思います) 12mm(換算24mm)での撮影
f0324026_19301164.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽最終的に一番寄れた結果 レンズ前約10cmでの撮影。翅にレンズが当たってしまうようで少し寄りがダメでピン甘です。
f0324026_19401852.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

次回は天気の良い日に青空をバックに撮影してみたい。

▽産卵の様子
ペアで飛んでいき、菱が少しだけ水面を覆っている場所を目指す
f0324026_19503031.jpg
場所が決まったら一旦離れるものの、オスは上空で他のオスにさらわれないよう見守り
f0324026_19521157.jpg
メスは飛びながら尾部を菱の葉の間付近に当てるように産卵(その場面が撮れてません)
f0324026_19532885.jpg
時々菱の上で休憩
f0324026_19535419.jpg
別の産卵個体
f0324026_19561754.jpg
ホバリング中
f0324026_19563755.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

今日は早朝はいつもの自然公園で朝5時から6時半頃マルタンヤンマの産卵を待ってみましたが、見事に空振り(もう少し待てば良かったのかも)。曇空だった影響があったのかもしれません。
その後、7時半頃、ヒヌマイトトンボの場所に行ってみましたが、こちらも全く姿がなく、終わってしまったようです。
14時半には昨年ヤブヤンマの産卵が見られた市川の寺の池を訪問してみましたが、昨年昼間でも少し暗くなる位の木陰を作っていた桜の木が途中から切られてしまっていて、環境が変化。
産卵していた苔の場所はすっかり乾いてしまっていて、残っているのは大人の手のひら2つ分程。そこに来る可能性があり30分程様子を見ましたが、今日は出会えず撤収。

明日は埼玉の嵐山付近を訪問予定です。

by Nature_Oyaji | 2015-08-08 20:10 | 自然 | Comments(0)


<< 埼玉の夏のトンボ      7月の忘れ物 >>