2015年 09月 10日

長野遠征 マダラヤンマ 交尾態と産卵

今年もマダラヤンマの季節がやって来ました。

昨年は初めて栃木の生息場所を訪問し、やっとの思いでホバリングと日中休んでいる時の留まっている様子を撮影。
今年も時期を見て栃木訪問を考えていました。そんな時の台風18号による各地の被害発生、生息場所への影響も気になっていました。そこへ知り合いのTさんから、この土曜日に長野で撮影したマダラヤンマの写真が送られてきました。栃木の様子を確認することも出来ないため、これはもう行くしかありません。

いつもお世話になっているSさんに長野のマダラヤンマについてお尋ねした所、マダラヤンマのポイントを連絡頂きました。いつもありがとうございます。

土曜日は好天気、というより気温が上がりすぎで北系のトンボには活動しにくい状況だったようです。日曜の今日はというと、6時過ぎに太陽が顔を出し、その頃からマダラヤンマの飛翔する姿が見られました。ただ太陽はその時の約15分ほど。その後は昼過ぎまで太陽が顔を出すこともなかったのですが、マダラヤンマの個体数は少ないものの(全体の個体数は多いようですが、昨日の高温と今日の低温で出てこない??)、活動は活発で色々な姿を見せてくれました。
そして13:30頃、太陽がようやく顔を出し、気温上昇とともに更にマダラヤンマの活動が活発になりました。

●マダラヤンマ
▽飛翔
f0324026_2358535.jpg
f0324026_0422314.jpg
▽留まりモノ
f0324026_23583390.jpg
f0324026_23584388.jpg
▽産卵 オス型のメス なかなか撮影し易い所で産卵してくれません
f0324026_23594122.jpg
f0324026_00243.jpg
▽交尾態 こちらもオス型のメス 比較的この色のメスの個体数は多いようです
f0324026_2423987.jpg
ほぼ横から
f0324026_0114238.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

昨年の栃木訪問では、ほんの数カットしか撮影出来なかったものが、今回は産卵(オス型のメスのもの)、交尾態も撮影でき、大満足の遠征となりました。(でも前日夜中に200km走り、車内泊で2時間程度の睡眠、撮影後また200km・・。少々辛い年齢です ^^;)

撮影がご一緒になったKさん、その他の皆さん、お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2015-09-10 00:16 | トンボ | Comments(0)


<< ナツアカネ      秋の様相 >>