オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 17日

新潟遠征-2 キトンボ

新潟遠征-2です。
マダラナニワトンボの撮影場所にキトンボもいました。
キトンボも先日初撮影したばかりのトンボで、美しい黄色をしています。成熟体はややオレンジ色が強くなっています。
当初この場所ではキトンボ撮影は予定になかったので、嬉しい限り。

●キトンボ
▽ホバリング
f0324026_23345537.jpg
f0324026_23372360.jpg
▽交尾態
f0324026_2333406.jpg
▽産卵 敏感で近寄れず、望遠での撮影となりました。
盛んに行っていましたが、肝心な打水時が残せていません。⇒ 後で調べて分かったのですが、キトンボの産卵は打水産卵ではなく、尾に水を付けてその水と一緒に卵を水際の土手などに投げつけるように産卵するとありました。
ですので、この尾に水がある状態は土手に投げつける直前の姿になります。
f0324026_2339412.jpg
f0324026_2341548.jpg
f0324026_23412186.jpg
f0324026_2341294.jpg
f0324026_23443794.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

同行させて頂いた皆様、お疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2015-10-17 23:45 | トンボ | Comments(4)
Commented by mikiosu at 2015-10-20 01:02
こんにちは。
キトンボの交尾シーン&連結飛翔シーン、お見事ですね!
キトンボ♀の産卵弁がこんなに大きいとはびっくりしました。
↑のナツアカネ連結の広角飛翔シーンも素晴らしいです♪
Commented by Nature_Oyaji at 2015-10-20 07:35
mikiosuさん
いつも訪問ありがとうございます。
キトンボの産卵ですが、改めてネットで検索してみると、「いったん卵を水につけてから、ねらいをさだめて、泥面や、あるときはコンクリート面へ卵をはりつけ」とありました。
写真を見て弁が大きいく不思議だなと思っていたのですが、投げつけるための水を尾の先に保持するための形状のようですね。
ナツアカネも今残しておきたいものでした。
知り合いの方のアキアカネの素晴らしい完璧な産卵写真があるのですが、それが目標でどこまで近付けるか試しています。まだまだ長い道のりですが楽しんでいます。
Commented by ろっくん at 2015-10-20 19:16 x
こんばんは、
75mmF1.8新調されたのですね。この75mmは12mmと並ぶ評判の良いものですね。私も欲しいです。さすがに写りも良くナツアカネ真っ赤に燃えるような写りですね。拝見していると私もポチリたくなってきます。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-10-20 21:13
ろっくんさん
こんばんは。
ポチってしまいました。
比較的近場の昆虫などのためですが、もう少し寄りたいので接写リングも欲しい所です。
これからは紅葉などにも使えそうな気がしています。使い勝手も良さそうなので、いかがですか^^;


<< M.ZUIKO DIGITAL...      新潟遠征-1 マダラナニワトンボ >>