2015年 10月 18日

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8導入 ナツアカネで試し撮り

比較的近距離のトンボ撮影(アカネ系など)のためにM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8をポチりました。
MFでの操作性は40-150mm F2.8 PROはピッチが荒く、素早くフォーカスを動かすには良いのですが、ピントを追い込む場合には少しの操作で大きくずれてしまいます。
60mm F2.8 Macroはマクロらしくピッチが細かく、じっくり合わせられるようになっていると同時に、早く動かすと大きくピントを動かすことが出来る(らしい・・)。

導入の75mmはというと、ピッチは細かく操作性はマクロ的な感じ。また回すのも軽くて親指だけですっと動かすことが出来ます。
トンボのように大きく動く相手の場合は、ずれたピントを合せるには大きく回す必要があり追いつかなくなる場合がありますが、今日使った感じでは概ね良さそうです。
またF1.8なので暗い所でも少しはシャッタ速度を稼げそうです。
f0324026_19291077.jpg



そんな新レンズを持って、都下に購入目的だったアカネ系の撮影で訪問。知り合いからのお知らせで昨日ナツアカネ、アキアカネが産卵していたという田んぼへ。
ほとんど稲刈りが終わった中に、3枚だけまだ稲刈りが終わっていない田んぼがあり、見るとナツアカネが集まっていました。

●ナツアカネ 産卵 2枚目までが75mmでの撮影です。1枚目は少しトリミング、2枚目はトリミング無しです。
f0324026_1905843.jpg
f0324026_191928.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

75mmは最短距離が0.84mなので、なるべく近くで広角撮影したかったのでここで12-40mmレンズへ交換。以下トリミング無しに修正。
f0324026_2004289.jpg
f0324026_2011197.jpg
f0324026_19287.jpg
f0324026_1921599.jpg
f0324026_2015054.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この場所にはカトリヤンマも来ていました。
今日は13:30には田んぼに飛来。稲穂の隙間から入り込み、産卵していたようです。
見ていた限りでは田んぼへ2頭飛来。
来年の6月、うまくすれば羽化が見られるでしょう。また来年のお楽しみ。

by Nature_Oyaji | 2015-10-18 19:26 | トンボ | Comments(4)
Commented by kaf at 2015-10-19 00:03 x
今日はレンズの試し取りだったのですね。
F1.8だと被写界深度は狭そうですが、それでも飛翔するトンボに
フォーカスを合わせてしまうあたり流石ですね。
ちょっと暗い日なんかに活躍しそうですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-10-19 05:43
Kafさん
トンボの情報ありがとうございました。
午後は天気も回復して少し試すことが出来ました。
どう活かしきるか、また勉強です。
最短距離が少し長いのでこれに接写リングを入れようと考えているのですが、そうするともっと被写界深度が浅くなり、使いこなせるだろうかとの不安もあります。
Commented by Clearwater0606 at 2015-10-24 16:35
はじめまして。いつも楽しくお写真拝見しております。いずれも素晴らしいお写真ですが、今回も素晴らしいですね。

今回はかなり低い位置から撮っておられるようですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-10-24 19:56
Clearwater0606さん
はじめまして。訪問有り難うございます。
昆虫写真はなるべく昆虫の目線の高さが良いと教えて頂いていたのですが、なかなか難しいです。
今回は田んぼの水もなく適度に固くなっていましたので、
-カメラはなるべく地面に近く
-フォーカスは置きピンにして
-画像を背面の液晶に写して、カメラを前後させてピント合わせして撮影してみました。

これは前回のキトンボでもやっていますが、トンボたちに近付ける気がします。
今後もよろしくお願いします ♪


<< 都下でホソミイトトンボ探し      新潟遠征-2 キトンボ >>