2015年 11月 01日

都下でカマキリ探し その2 やっと発見

先週に引き続き、朝からカマキリ探し。
初めに開始したウスバカマキリ探しは早朝から1時間以上探すも、とうとう見つからず。
昨日の疲れもあり探す気力も薄れてしまったので、一旦気持ちを切り替えるためヒナカマキリ探しへ。

さてそのヒナカマキリ。先週見つからなかった場所以外に探す範囲を広げてみるものの、やはりダメです。11時頃まで探してみましたが、何も見つけられずここも終了。

先週同行させて頂いたTさんに連絡すると、今先週と同じ場所で撮影しているとのことで合流。
そこに比較的多くいたヒメアカネを撮影。

●ヒメアカネ 75mmf1.8に接写リングの16mmを取り付けて焦点距離を短くして(通常0.84mが約0.3m程に)撮影。顔が白いとは聞いていたものの、実際にはまだ見たことがなかったもの。ほぼ正面からの撮影は初。
f0324026_19373463.jpg
f0324026_19374275.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 接写リング 16mm使用

昼食後解散。お疲れ様でした。

午前中のカマキリ探しの結果と午後もう一度ウスバカマキリ探し予定をKさんに連絡した所、ご案内頂けることに。いつもありがとうございます。
いそうな所をレクチャーして頂き、二人で探すとようやく幸運の女神が降りてきてくれました。

●ウスバカマキリ(♂) 自力での捜索はやはり難でした。1頭見つかったので、その回りを探してみたものの、このオスのみ。
時期的にはもういなくなる頃のようで、ひょっとしたらこれで最後なのかもしれません。
初めてのウスバカマキリの感想は、少し小型で色合いも薄め。顔も厳しい他のカマキリと違ってどこか優しげな感じ。
捕まえても他のカマキリの様にやたら鎌で攻撃を仕掛けるようなこともなく、近づいても攻撃ポーズを取ることもない。
f0324026_1950515.jpg
f0324026_19501316.jpg
▽同行頂いたKさんを入れて
f0324026_19504170.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽前脚の付け根にあるウスバカマキリの特徴である黒丸が見えます。
f0324026_19515983.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_19521493.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + 接写リング 16mm使用

さて2度のウスバカマキリ探しは早朝からだったので、カマキリにとって気温が低く、まだ動ける状態では無かったように思えます。
午後など十分気温が上がっていることが探すのには適していると感じた次第です。
でももう時期は終わり。もっと冬になったら石に産み付けられた卵鞘の観察にまた来ようと思います。
そして来年はもっと早いうちから幼虫の観察にも訪問予定です。




by Nature_Oyaji | 2015-11-01 20:22 | 自然 | Comments(0)


<< 都下の里山でアキアカネ産卵撮影      ご近所での秋の一日 >>