2015年 12月 03日

フユシャクの季節に備えて、Aputure アマランLEDライト「AL-H160」の導入

まもなく本格的な冬となりフユシャクの季節の到来です。
日本には35種類いるというフユシャクですが、地元で観察出来たものはクロスジフユエダシャク(♂)とチャバネフユエダシャク(♀)(いわゆるホルスタインと呼ばれています)、同(♂)のみ。交尾態もまだ撮影出来ていません。

昨年シーズン撮影のもの。
●クロスジフユエダシャク
f0324026_20242048.jpg
▽♂のアップ
f0324026_20243198.jpg
▽時々♀のフェロモンを探すかのように頭の向きを変えています。
f0324026_20251573.jpg
●チャバネフユエダシャク(♂)
f0324026_20261526.jpg
同(♀)同じ日に撮影した♀ですが、一方は卵が詰まっているようです(2015/01/01)。
f0324026_20264387.jpg
f0324026_20265644.jpg

昼間観察出来るフユシャクは少なく夜が多数のため、必然的に夜中の撮影となります。
そんな時、虫友さんがLEDライトを購入したというので、こちらもLEDライトを探しました。
同じのでも良かったのですが、探しているうちにもう少し安くて、LED球が多い今回のものが目に止まりポチりました。
Aputure アマランLEDライト「AL-H160」
f0324026_20385098.jpg

Kenkoで販売していますが、今回のは楽天のとあるショップで購入。並行輸入品のため安かったようです。とりあえずは3ヶ月の保証が付いていました。

by Nature_Oyaji | 2015-12-03 20:52 | 自然 | Comments(0)


<< 茨城遠征 初物3種との出会い      E-M1でのフォーカスブラケッ... >>