2015年 12月 13日

SIGMA 19mm F2.8 フォーカスブラケットテストと隣の区の公園 冬への変化

朝方、いつものホソミオツネントンボ越冬場所でSIGMA 19mm F2.8 DN | Art でのフォーカスブラケット撮影のテスト。問題なく設定通り撮影出来ることを確認。
f0324026_18573292.jpg
Olympus E-M1+SIGMA 19mm F2.8 DN | Art 8枚撮影したものをPhotoshopで合成

一番寄れる所まで寄ってこの画角。ただレンズ自体の解像度などは明らかに手持ちのオリンパスレンズに及びません。拡大してフォーカスを合わせた際、ピントの位置が明確でなくぼやっとしてます。


一旦帰宅し、かみさんを病院に送り届け、定期診察を受けている間に、また隣の区の自然公園を散策。
回る場所は昨年、ホソミイトトンボを見つけた場所を中心に。

昨日は嵐のような日でしたが、今日はすっかり天候も回復し青空の暖かい日となりました。(撮影に夢中になり、E-M1のバッテリーグリップが1/3浸かってました)
f0324026_182884.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

●メタセコイヤも紅葉を通り過ぎ散ってしまっています
f0324026_18305954.jpg
Olympus E-M1+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACK

昨年ホソミイトトンボを見つけた場所を丹念に探してみましたが、何も見つかりません。
唯一見つかったモズの早贄。
f0324026_18343093.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

次のブロックへ移動した所でようやくホソミオツネントンボを発見。気温が高いため活性が高く、証拠写真を撮影した所で消えました。
f0324026_18361885.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この場所だけかもしれませんが、昨年も今回もイバラの回りで見つかっています。考えてみるとイバラが生えている所は日当たりが良く、餌となる昆虫も来るし、また暖かいし、越冬前に過ごすには良い場所に思えます。

●ナミテントウたち 日当たりの良い大木に大量に集まっています。どこか木の割れ目など探しているものと思います。
f0324026_18431139.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

そんなことをしているうちにかみさんから呼び出し。今日はここまで。
明日は茨城方面でまた朝から活動予定です。

by Nature_Oyaji | 2015-12-13 02:28 | 自然 | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2015-12-12 21:17
E-M1、大丈夫でしたか?しかし、迫力のある水辺の写真ですね。3枚目のお写真も素晴らしいです。

ノイバラの近くにホソミオツネントンボですね。メモ、メモ。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-12-12 22:02
Clearwater0606さん
とりあえずは大丈夫でした。
こういう時、防滴がしっかりしていると安心です。
写真だけみると池の中から撮影したようにも見えますね。

お住まいは関東よりかなり北側ですので、だいぶ越冬地で小枝化しているかもしれません。


<< ムカシヤンマ観察-2      娘とデート・・イルミ回り >>