2016年 01月 17日

タテジマカミキリ ようやく発見

房総へ家庭サービスで訪問。
ちょうど房総は水仙の頃。かみさんたちが見ている間、懸念だったタテジマカミキリ探しを実施。

山あいの日当たりの良い場所に行くと、約5m程のカクレミノの木があり、見上げた2.5m上の枝先にようやくお目当てのタテジマカミキリを発見。

●タテジマカミキリ(雌雄は不明)こうしてみるとやはり見事な擬態。写真は深度合成したので葉っぱなどが不自然な仕上がり。
f0324026_232138100.jpg
f0324026_22541864.jpg
f0324026_23243277.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

この個体がいた同じ枝のすぐ上には越冬個体がいたと思われる新鮮な跡。
f0324026_22564393.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

この空き家の推測ですが
▽この場所もすでに採取者には知られていて、すぐ上にいたと思われる個体は残念ながら採取された可能性。
この個体を見ると触角が片方折れていたため、採取を免れたのか。
▽あるいは、妙に樹液が出ているので、この個体が一度越冬場所を作ったものの、気に入らなかったのかも。
今の様子を見ると樹液は出ていないので、出る場所では一冬過ごせないのかもしれない・・。

多分後者の可能性が高い気がします。

さてさて、たまに家庭サービスをすると、何やら出会いの神様が降りてきてご褒美をくれるようです。
お陰様でこの冬の目標の一つのタテジマカミキリ探しは2連敗で決着。




by Nature_Oyaji | 2016-01-17 23:15 | 自然 | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2016-01-18 20:52
お〜、ついに見つけられましたね。凄いです。

考察も鋭いです。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-01-18 21:26
Clearwater0606さん
今回は家庭サービスが主で、虫探しはその合間に・・。
時間も限られていて、何かに引き寄せられるように足の向くまま歩いていた所にカクレミノ。
そして見上げた途端、見つかりました。
過去2日間、あれだけ歩きまわって探してダメだったのに、見つかるときはこんなものだなと。
何かのお導きに違いありません^^;


<< オオキンカメムシ 越冬個体      再びホソミイトトンボの越冬探し >>