オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 31日

捜索のみの一日

以前、タテジマカミキリの幼虫を見つけた場所を改めて再訪問。
幼虫がいたのだからあとはどこかに潜んでいるであろう成虫を見つけたい。
6:30より活動開始。

前回見て回った所を再度見直し、また同じ敷地内で見なかった所で新たに見つけたカクレミノも見て回りましたが、ダメですね。

同時にオツネントンボについても、建屋の床下やら柱の割れ目、置いてある板などの裏等々も見て回りましたが、越冬姿を拝むことが出来ません。オツネントンボについて何処にどんな様子で越冬しているのか、余りにも知識がないので、もっと調べて出直しです。

ここを諦めて探す場所を隣の山に変更。この山にも散策路が出来ているので、行ってみる価値があります。

登り始めた道脇にはカクレミノの幼木が多数、しかもそのほとんどが食害を受けています。幼虫の密度は濃いです。
そしてかなり奥まで進んだ少し開けた所に直径約数cm~15cm程度のカクレミノの林が見つかりました。斜面にも大小様々なサイズのカクレミノ。
f0324026_22405460.jpg
f0324026_2241470.jpg
一本一本目の届く範囲を丁寧に見て回りましたが、ここでもとうとう1頭も見つかりません。しかも枝には過去越冬したであろう跡も見つかりません。

この状況をまとめると・・
- しっかり繁殖はしている
- 知り合いの方が見つけた茨城中央部は多分ここより気温は低いはずですが、しっかり越冬個体を見つけている
- でもここでは越冬していた跡や成虫がみつからないことから、考えにくいのですがひょっとしたらこの場所のものは越冬しないタイプのものかもしれない(寒冷地では新成虫は夏季に羽化せず、翌春まで寄生植物内で越冬すると言われている・・とあります)

次はもう少し南側の外房やら内房やら南下した場所で探して見る必要がありそう。それにしても不思議です。


次はもう一つの目標のホソミイトトンボ探し。自然公園の目撃情報があった場所を何度も探してみましたが、生き物なのでいつもいるわけでもなく、見つかりません。
ホソミイトトンボの越冬は少し高い木の上という話も聞いているので、見つけられないのは元々潜んでいる場所が目に届かない所のためなのかもしれません。
あすから2月、これから一番気温が下がる季節ですが、そんな中で暖かい日があると低い所に降りてくる可能性があるとも聞いています。それに期待です・・。

何も撮影しないのも悔しいので少し撮影。
●ホソミオツネントンボ 今まで気づかなかった所で越冬中
f0324026_2312345.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

●ロウバイ
f0324026_23184071.jpg
f0324026_2318491.jpg
f0324026_23185863.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)

●オシドリ
f0324026_23195843.jpg
f0324026_23201685.jpg
E-M1+BORG FL71(400mm)

この後、自然公園から10分程離れた谷戸に移動・ここには春先にはホソミイトトンボが産卵に来ると、管理の方から伺っている場所。
ここでも越冬姿を探してみましたが、やはり簡単にはいきません。

by Nature_Oyaji | 2016-01-31 23:20 | トンボ | Comments(3)
Commented by Clearwater0606 at 2016-02-01 20:59
地道に活動しておられますね。さすがです。このところの降雪で、当地の山野は雪に覆われており、野外活動は困難な状況です。お写真を拝見して楽しませて頂いております。

ロウバイも綺麗ですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-02-01 21:16
Clearwater0606さん
雪が多い地域なので暫くはお預けかもしれません。
それが溶けて流れだすと、また川での活動ができますね。

自然と対話しながらの川下り、一度やってみたいものです。
Commented at 2016-02-01 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 36ED テスト      カワセミのお嬢さん >>