オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 08日

埼玉遠征 越冬トンボ探し

この冬の目標の越冬昆虫探しですが、越冬トンボ3種のうちのホソミイトトンボ、オツネントンボがまだ未達の状態。
情報を頂いたり、お尋ねしたりで目撃情報、撮影情報などはお陰様で集まりつつあるのですが、相手は生き物。そこに行けば必ず会えるものでもなく、その時の天候、気温、風などの環境状況により出てこなかったり、そもそも冬場は捕食者から隠れるための擬態をしたりしているわけで、本来ならその生態を熟知して隠れている所を探しださなければ簡単には出会えません。

ホソミイトトンボ、オツネントンボの両種もしかり。夏場はある程度決まった場所で出会えますが、越冬となるとどこでどう過ごしているか未知の生態なので、とりあえずは予想した越冬場所で探すしかありません。

そんな状態で今日は埼玉へこの2種のトンボの越冬姿探し。
今日訪問する場所は昨年9月ホソミイトトンボが沢山見られた場所。オツネントンボは知り合いの方からこの場所での撮影情報を案内いただいていました。

●途中で朝日に当たる富士山を撮影
f0324026_19295222.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●現場は夜の寒さで一面の雪景色。久しぶりの雪でそれを見ているだけでも楽しい。
f0324026_2144338.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

f0324026_21212920.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

そんな撮影をしている頃、虫友さんが到着し合流。
オツネントンボについては今日は雪が降ったこともあり、ある程度温度が上がってくると体を乾かすため木の隙間など隠れている所から出てくる可能性大で、それを探す事と、ホソミイトトンボについては南向きの暖かい斜面に出てくるのではないか(生態がわからないので予想)と思えるので、公園内のそんな日当たり良しの場所を探して回る事に。

●冬でも元気で、小枝と地面で一休み中のホソヒラタアブ(の一種)
f0324026_19442748.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_19463866.jpg
E-M1+BORG 36ED(200mm)とりあえずこれだけ解像すればよいかな?

●ヒロバフユエダシャク(?)♂  2月中旬~3月上旬に出現するようです。
f0324026_2065030.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●白梅
f0324026_19495379.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●探しまわっても全く越冬トンボに出会えなかったのですが、ようやくクヌギ林でホソミオツネントンボに出会えました。とりあえず坊主は回避。そしてホソミオツネントンボがいるということで、越冬3種のうちオツネントンボとホソミオツネントンボの2種はこの敷地内にいることは確定。ただホソミイトトンボが見つからないので、まだまだ捜索が必要。
f0324026_19561852.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

昼近くになり、気温上昇とともに雪もだいぶ溶けてなくなりました。この場所は本当に日当たりがよく、逆にその事でちょっとした不幸が・・。
●オオカマキリがこの暖かさで孵化していました。小さなカマキリたちは風に吹かれて孵化したものの動けず
f0324026_591576.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その後もこの日当たりの良い場所で探しまわるもオツネントンボにはとうとう出会えず。
最後は伐採し裁断して積み上げた木ををひっくり返したり、倒したままの木の皮が良い具合に剥がれて隙間ができているものをひっくり返したりして、隠れているオツネントンボ探しもしてみましたが結局は見つかりません。

●その際見つかったカマキリの卵鞘 コカマキリと思われます。
f0324026_2025503.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ツチイナゴも活発化
f0324026_20263345.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

14時も回り、今日はここまで。次回はどうするか・・。もう少しホソミイトトンボについては生態、特にどこで越冬しているものか確認が必要で、それが分かったら改めて再訪問としたい。

お疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2016-02-08 04:00 | トンボ | Comments(0)


<< 埼玉遠征 越冬トンボ探し その2      36ED テスト その2 >>