オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 14日

春一番の日 また地元散策

昨日に続き、今日も気温上昇。ただ違いは夜から雨と風が強く嵐の様相。
午前中、気象庁は関東、北陸、中国、東海地方で、「春一番」が吹いたと発表。

午後家の用事があるので、嵐の朝から少しご近所をまた訪問。
昨日はすでに飛んでいるホソミオツネントンボを見ていたので、経過観察している場所の様子も見ておきたい。

現場着時は強風と強めの雨。こんな中でどう過ごしているかと思ってみると、風向きが変わるごとに体が持って行かれるという風見鶏状態。それでも懸命にしがみついていて必死に耐えていました。

●ホソミオツネントンボ 写真では静かに見えますが、実際は強風と雨の中でもう飛ばされそうな状況。
▽近くにいたオスメス同士
f0324026_17222644.jpg
▽オスのみ
f0324026_17243369.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

オスの姿を初めて見た際、実物は色が記憶にある姿より濃い感じがして、春が近づき少し色合いが変化しているのか・・と思ったのですが、どうやら尾部の模様の濃い部分の範囲が微妙に他のオスより広めの様です。

▽他のオスの様子 両方共初めのものより下側からの撮影ですので、少し模様が隠れていることもありますが、実物を見た感じでは一番初めのものが一番濃い感じがしました。
f0324026_17285183.jpg
f0324026_1729099.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

模様には個体差があるのかもしれません(あるいは本当に色の違いが出ているのかも・・)。また次回確認です。

この林近くの自然公園に移動。ちょうど昼近くに急に雨が上がり青空に。
気温が高い上に、日差しが出ればホソミイトトンボが日なたぼっこに出ている可能性大です。
木道をゆっくり歩きながら確認。

●ムラサキシジミ
f0324026_17414447.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●その少し先で今度はムラサキツバメ 以前最大20頭以上いた集団がいた場所の近く。集団はとっくに無くなってしまっていますが、こうして日なたぼっこに出てくるというのは近くで越冬している可能性大です。
f0324026_17435290.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●ここでもホソミオツネントンボを発見。活性が高く、見つけた場所は3m程上の場所。
f0324026_1745851.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●足元のトクサには数頭の越冬個体
f0324026_17455267.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

近くにいた方から聞いた所ではこのトクサ回りに5~6頭はいたようです。

この付近を中心にホソミイトトンボの姿を探してみましたがここでも撃沈。険しいです・・。

●所々にある水たまりにはもうカエルの卵が多数。
f0324026_17514473.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

かみさんからの連絡で今日は帰宅。

by Nature_Oyaji | 2016-02-14 21:53 | 自然 | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2016-02-14 20:53
お〜、随分沢山観察されましたね。羨ましいです。ムラサキシジミも綺麗です。

しかし、もう、カエルの卵ですか。びっくりです。春の訪れも早そうですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-02-14 21:39
Clearwater0606さん
遠くに新しい出会いを求めて行くのも良いのですが、ご近所の変化を残しておく定点観測も大切ですね。
本格的なトンボもシーズンももう一月を切りました。外に出て新しい生命を感じる季節となります。待ち遠しい日々です。


<< ホソミオツネントンボの翅を揃える位置      久しぶりに地元探索 >>