2016年 05月 01日

GW3日目 都下里山訪問とムカシトンボ産卵

GW3日目。
今日はいつもの虫友さんと都下方面を散策。

●里山散策
▽まずはサラサヤンマの羽化探しのため6時過ぎから活動開始。結果的には羽化は見つからなかったものの朝露の中のトンボなどを撮影。

●ハラビロトンボ(♀)朝露をまとい、気温が上がるまでしばし休息中。
f0324026_1956632.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95
f0324026_19562776.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●ヤマサナエ 羽化 里山の中央を流れる細流にて。川岸近くの水際で羽化。
f0324026_19585451.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●ヒメギス
f0324026_200574.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

●タンポポも朝露をまとって。
f0324026_2011051.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

コサナエの羽化探しもしたものの、そちらはまだ早かったのか見つからずに終了。そうこうしているうちに気温は20℃を越え、虫友さんが出てくるのを待っていたホソミイトトンボの活動が活発化。

●ホソミイトトンボ 冬の間、越冬個体を探してかなりの時間を使って捜索したものの、結局は見つからずに終了。でも春になりこうして産卵のため集まった個体数はかなりのもの。やはりどこかに隠れているわけですね。
f0324026_205962.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

午前中の里山散策はここまで。
午後は前回やはり一緒にムカシトンボ羽化を探した場所で、今度は産卵の様子を撮影するため訪問。

ムカシトンボの産卵は午後にすることが多く、流れのすぐ上にある柔らかい植物の茎や苔などに産卵。今回は12:30過ぎから待ってみることに。
この川には沢山の岩が点在していて、岩の間を細流が流れ、ギシギシがその流れを覆うように生えている場所。虫友さんの知り合いが数日前にこの場所で産卵の様子を撮影しているので期待大。

暫くして流れの上をメスを探して飛ぶオスを発見。そしてそれから間もなく、先ほどのギシギシで産卵しているメスを発見。

●ムカシトンボ(♀)産卵 
f0324026_20192989.jpg
▽トリミング
f0324026_20271978.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽いつものように虫友さんを撮影。ちょうど上と同じ♀を撮影している最中。今回はくっきりと。
f0324026_20232725.jpg

今日も無事成果がありました。お疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2016-05-01 20:33 | トンボ | Comments(0)


<< GW4日目 キイロサナエ観察+...      GW2日目 ホンサナエの産卵 >>