オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 02日

GW4日目 キイロサナエ観察+ギンイチモンジセセリ

GW4日目 出かけるのが遅くなり、4/30に訪れたサラサヤンマの羽化ポイントに到着したのは11:30過ぎ。昨年羽化撮影した際は6:30頃から羽化開始でしたので、到着時飛んでいない可能性もありましたが取り敢えず訪問。
飛んでたとしたら個体差はあるでしょうが、サラサヤンマの羽化は6:30頃から開始して、飛ぶのは昼頃という結果が確認できます(自分での観察結果ですので、ベテランの方からすると既知の事でしょう)。

到着してまずはいつもの羽化場所と、少し乾燥気味の水場から離れた場所を探索。結果は何も見つけられずもう一度初めの羽化場所に行くと、少し奥の方でサラサヤンマを撮影中のFさんを発見(乾草沼に続き偶然の出会いに驚きました。発見・・だなんてすみません)。

見つけることが出来なかったサラサヤンマ。撮影されていた個体は11:30過ぎでも翅は開いておらず、ちょうど伸びきった状態。早朝からとするとサラサヤンマは約半日かけての羽化ということで良いように思えます。そして12時近くでは翅が開いてまもなく処女飛行へ。

その頃にはご挨拶してこちらは撤収し、4/30にも訪れたキイロサナエ羽化場所へ移動。12:30過ぎからダメ元で探索開始。
暫く川を歩くと、やはりとぼけて遅れて羽化した個体が1頭いました。羽化から飛ぶまで約1時間程度なので、11:30頃から羽化したものと推測。

●キイロサナエ 水面で翅が乾くのを待っていたものの、こちらに驚いて飛んで近くに止まったもの。尾先からは羽化水が出ています。
f0324026_20455414.jpg
f0324026_18593137.jpg
f0324026_458370.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

川を50~60m往復して羽化殻を探してみましたが、見つかったのは5~6個位。
昨年観察した時は5/1でまだ羽化時期ではなく、5/3には大量の羽化を見ていますので、今年も同様の事になるかもしれません。

●ホンサナエ メスはすでに連れて行かれたようで見つからず。オスが4頭程。偶然ウェーダーに止まりました。愛嬌のある顔・・。
f0324026_1965113.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

橋に上がると先ほどのFさんが来られていました。また色々話をさせて頂きありがとうございました。

●川の土手には春先の個体のみ美しい銀色があるギンイチモンジセセリ。相変わらず下手な飛翔撮影も。
f0324026_19504657.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0324026_1951734.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

このあと、ホソミオツネントンボの産卵の様子を見に行きましたが、2組のみでまだまだ敏感で撮影に至らず(広角では近づけず)。


by Nature_Oyaji | 2016-05-02 20:23 | トンボ | Comments(0)


<< GW5日目 都下で同行の日      GW3日目 都下里山訪問とムカ... >>