2016年 05月 15日

キバネツノトンボ

以前から気になっていたキバネツノトンボ。
生息場所が限られることと、都内では絶滅したという話も聞き、少し遠征が必要。
昨年、生息場所などをネットで探し一年越しでの訪問。

なお独特の翅の様子も撮影したくて、少し触角を触るなどして開いてくれた所を撮影しています。

●キバネツノトンボ(♂)
f0324026_18122916.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_18162355.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●キバネツノトンボ(♀)
f0324026_18132984.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
f0324026_18134197.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_1814998.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●キバネツノトンボ(♂♀)サイズ比較 近くに居た♂を♀が止まっている所へ移動させて撮影。なので自然によったものではありません。
f0324026_18173165.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

顔のアップ。複眼が二重構造というか、一部盛り上がっています。
恐らくは空中の餌を捕食するため、相当良い目が必要でそのための構造かと思われます。
トンボの複眼は頭のほぼ全てを占めていますが、そこへの変化の過程のような姿?
トンボもこのような変化を経て巨大な複眼を持つに至ったのかも??
f0324026_121727.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

正面顔。モフモフ感たっぷりです。
f0324026_1533227.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by Nature_Oyaji | 2016-05-15 18:21 | 自然 | Comments(0)


<< キイロサナエとサラサヤンマ 共...      自然公園その他の昆虫たち >>