オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 12日

オオモノサシトンボ 羽化

土曜の夜。
ゲンジボタルとヘイケボタルの多産地を訪問したものの、今年はトンボを含め色々の発生が早く、すでに終わってしまった様子。
光りだす19:30頃、まだ残っていた数頭の淡い光を確認。田んぼの上や川の上を飛ぶ姿が見られました。
数は少なかったものの、これも嬉しい出会い。この時期では遅いという結果は来年に活かします。

●ホタルと星
ホタルと星は2パターン考えていました。一つがこのライブコンポジットでのものと、もう一つが15秒程の露光で星をしっかり撮影して、手前に暗闇を入れた構図の中にホタルが飛ぶ姿をいれるもの。
今回はライブコンポジットのみでしたが、こちらも飛んでくれるとまた違った絵になりますので、どちらも宿題として、次回再挑戦です。
f0324026_16493858.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

そして明日のトンボ多産地での活動のためそのまま移動し、またまた車中泊・・。

翌日4時起きして活動開始。
f0324026_16541143.jpg
f0324026_1655171.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

朝飯の買い物して戻るとやはりトンボ撮影に来られていたKTさん(イニシャルですみません)にお会いしました。(すっかり忘れていて失礼しましたが、昨年マダラナニワトンボ撮影の際、ご一緒させて頂いていました)

5時に池に行くと、多数のチョウトンボの羽化の群れ。半分はまだ翅は開いていない状態。
この時間でこの状態なら羽化は4時以前には開始しているはずで、次回羽化時期・時間帯に来る機会があれば是非羽化の様子(定位から羽化、翅の色の変化)を残したい。

●チョウトンボ
そして多分一生悩むことになりそうな、チョウトンボの美しさの撮影。
今回はマクロで裏表から、新鮮な翅に朝露が付いた状態を撮影。ヤゴが妙な形にひっくり返ってしまっているのが少々心残り。
f0324026_1745544.jpg
▽少しトリミング
f0324026_5172155.jpg
▽初めての朝日の中で
f0324026_175491.jpg
●チョウトンボ、オオモノサシトンボ(♂、♀)、オオセスジイトトンボ(♀)のセット撮影 
写真としてはごちゃごちゃで絵にはならないのですが、ここならではの豪華主役たち揃い踏みの一枚。
f0324026_1713471.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

少しチョウトンボを撮影したので、7時過ぎに今日の目的の一つのネアカヨシヤンマ羽化探し。
産卵場所のある湿地内を色々探してみたものの、やはり空振り・・。
羽化殻一つ見つけられません。このまま今季は終了の雲行きです。

諦めて、オオモノサシトンボ撮影に変更。成田のSさんも到着。

先にオオモノサシトンボの池で撮影されていたKTさんが、オオモノサシトンボの羽化個体を撮影されていました(流石というより言葉がありません・・)。今日の目的の二つ目でしたので少し撮影させて頂きました。

●オオモノサシトンボ 羽化 撮影 8:00
f0324026_1720136.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●オオセスジイトトンボ 今日唯一見た連結の一組。産卵もしていたものの、広角撮影にこだわり撮影を逸してしまいました。
f0324026_1732579.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その他、ベニイトトンボの連結、ムスジイトトンボは相変わらずの単独状態で産卵する気配なし。
アオヤンマは前回連結撮影した時間帯に同じ場所に行ってみたものの、♂は全く来ておらずどうも時期が終わりに近づいたのか。池の周りには相変わらず探♀の♂が見かけるが、前回より個体数が少ない感じ。オオモノサシトンボはSさんが連結を一組。

もう一度ダメ元でネアカヨシヤンマ産卵の湿地を一回り。
何も見つからないので最後にここで群れていたチョウトンボを下から撮影。広角で近寄って置きピンにしてレンズ前約10cm程度で。
f0324026_17402085.jpg
f0324026_17402757.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

最後に池に戻り、もう一度連結を探したもののまた見つからず。
Sさんが近くの林でまとまった未成熟のオオセスジイトトンボを見ていることから、今月下旬近くが産卵の頃かという結論となり、昼過ぎ撤収。

お会いしたKTさん、同行のSさんお疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2016-06-12 17:47 | トンボ | Comments(0)


<< ウチワヤンマ羽化 今季何度目?      オニヤンマ羽化とヒヌマイトトンボ >>