2016年 07月 04日

栃木遠征 グンバイトンボ探し-2

前回、昨年訪問したグンバイトンボの生息地を訪問しましたが、見つけることが出来ず今季2度めの探索。
以前ここを長年観察されている方が無事発生を見ているので、5時過ぎから朝露まみれになりながら探してみたものの、また自分の目では見つける事が出来ずあえなく撃沈。
少し上流のもう一つのポイントも訪問してみましたが、こちらもだめで7時過ぎには撤収。(でも思うに時間帯が早すぎて余り飛べなかったのかも知れません)

この流域も昨年の鬼怒川決壊時の大洪水があった際、かなりの水量でグンバイトンボがまた流された可能性大。そうならもう少し下流を自力で探そうと言うことにして、橋を見つけてその川岸の植物と流れの様子をチェックする事に。少ない経験しかありませんが探すポイントとして、葦がしっかり密生している事と、水草や浮草などに産卵するため、それらがすぐ流される可能性が低い緩やかな流れである事。

さてそんなことを考えながら昨年のポイントから1km下流に橋を見つけ、眺めるとよさ気なポイントを発見。
降りる場所がなかったので、また自力で植物を倒しながら降りてみると葦は約40m程続き、その中間は膝の半分程の深さで流れは緩やか。そして数m歩いた所で今季初のグンバイトンボが見つかりました。なんというか、今季も引きが強いというのか、何かのお導き??

●グンバイトンボ 9:00
f0324026_634775.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

川岸を往復すると、早くも流れ近くの葦周りには♂の姿がちらほら。

今日の目的は交尾態撮影と産卵。
気温が上がってきた10時過ぎになると探♀のためか約10頭程の♂が川岸近くあちらこちらに見られるようになりましたが、何故か肝心の♀が出てきません。


11:40過ぎようやく1頭の♀が出現。
f0324026_5184997.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

暫く様子を見ていると1頭の♂が見つけ、すぐ連結し移精から交尾態へ。♀に襲いかかる場面から連結に至るまでを観察 11:50
▽移精中
f0324026_19474116.jpg
▽交尾態
f0324026_672851.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

その後、約1時間ほどしてようやく交尾態から連結状態になり水際に降りてきて産卵へ。
今日は産卵は4組ほどで、約14時過ぎまで確認。

川の向こう側にも適度な葦密集地があり、岸辺は同じように流れは緩やか。探してみると数は少ないものの♂がいることを確認。そのうち交尾態も見つかり、連結状態になりいよいよ産卵か・・と様子見していると、何の迷いもなく川を渡って初めに観察していた川岸へ移動。どうやら向こうの川岸が産卵には良いらしい。

現場で不思議に思っていたのですが、ふっと思いついたのは人気のない岸辺は南向きで日陰になっていない事。
多分これですね。産卵時間帯の約10時~14時位(特に午後)はその適した岸辺は植物などの影がきちんと出来ていました。
日陰は産卵時、上からの外敵には見つかりにくい事(他の理由もあるでしょう)からか?ただここは結構カエルが多く、見ている前でも何度も産卵時襲われていました。これは日陰が好きなカエルにはまさに向こうから獲物が来る状況。

一番初めのペアも一瞬目を離した後、消えてしまいましたので多分カエルに襲われたものと思います。♀が少ないと感じたのはひょっとしたらカエルの影響なのか・・。以前千葉でオオセスジイトトンボの産卵場面を観察中、2度も♀だけ食われる場面に遭遇しています(魚とミズカマキリ)。
f0324026_538356.jpg
f0324026_538425.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95
f0324026_5384940.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

今回は前回撮影出来なかった移精、交尾態、産卵の様子を残す事が出来、生態写真として更新出来た事とが嬉しい。
残りは羽化の場面。こちらはかなりハードルが高いと思われますが、何とか観察したいと思っています。

追記
知り合いの方から、グンバイトンボの羽化はお盆過ぎまで続くとお知らせ頂きました。
流石に遅くなる程個体数は減るでしょうから、7月のなるべく早い再訪問を予定したいと考えています。




by Nature_Oyaji | 2016-07-04 07:07 | トンボ | Comments(4)
Commented by ろっくん at 2016-07-06 08:40 x
こんにちは、7月4日ブログの遠征は大成功でしたね。特に最後の写真は背景の映り込みも川や山がきれいですし、トンボもとてもシャープですし。こういうところで産卵するんだなあという事が良くわかりました。良い写真これからも楽しみにしております!
Commented by Nature_Oyaji at 2016-07-06 12:28
ろっくんさん
ご無沙汰しています。
ミドリシジミの頃、お会いできるかと思っていましたがスレ違いのようでした。

訪問ありがとうございます。広角での生息環境を入れた写真は残しておきたいと思っていましたので、今回なんとか目標が達成出来ました。初めての産卵場面を前にして、こんな感じかとしみじみです。

また今後ともお付き合い下さい。
Commented by mikiosu at 2016-07-10 03:14
こんにちは。
グンパイトンボ、♂&♀に交尾シーンまで撮られて羨ましい限りです。
最後のお写真は特に素晴らしいです!
水の中に入れない私には到底撮れない絵ですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-07-10 07:20
mikiosuさん
訪問ありがとうございます。
最後のはその日、帰ろうとした際、目の前に来てくれました。こんな場面、もう二度とない何かのプレゼントとしか思えません ^^;

実は今もこの撮影現場にいて、羽化個体を待っています。どこに出るのかわかりませんので、羽化時間帯になったら、ゆっくり探してみます。


<< カトリヤンマ 羽化      ホソミオツネントンボ 羽化 >>