オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 10日

栃木遠征 グンバイトンボ羽化探し

今月の予定をあれこれ考えていたのですが、どうやら来週の連休は残念ながら全国的に雨模様の様。
この日曜は貴重な晴れの日となり、それならと今一番気になっているグンバイトンボの羽化探しの日としました。

グンバイトンボの羽化については、少ない情報しかありません。
モノサシトンボなので以前見たオオモノサシトンボの羽化の様子がイメージとして近そう。あとはもう少しイメージ付けとしてググッての画像検索。時間帯は以前教えて頂いた9時前後から開始ということ。
これだけですが、あとは運を天に任せて・・。

前日移動し、車中泊。
霧の朝、5時頃から活動開始。前日は関東方面は全面的に雨模様でしたので、川の増水が気になっていましたが、先週訪問時より少し水かさは増したものの、大きな変化はなし。

草の中に作った川への道の脇に、すでに♂♀各3頭すつ静かに太陽が上がるのを待っていました。皆朝露がふんわり乗っていました。撮影5:40
f0324026_20275461.jpg
f0324026_20272329.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

羽化時間帯にはまだまだあるので、少し他の昆虫たちを撮影
▽キマダラセセリ
f0324026_20333312.jpg
Olympus E-M5MK2+NOKTON 10.5mm F0.95

▽ホソミオツネントンボ 驚きの1年4ヶ月生存。千葉ではすでに成虫が羽化しているのに。
f0324026_20353753.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

▽マユタテアカネ
f0324026_20392097.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

8時を回り、早めに活動する個体もあるかもしれないので、岸辺の草をゆっくり探索。
予め羽化殻を探して、場所や高さなどチェックする目論見でしたが、何度も川を往復してみたのの、羽化殻一つ見つかりません。あっと思ったのは、昨日の増水でひょっとしたら羽化殻は流されているのでは・・ということ。

その後10時過ぎまで行ったり来たりを繰り返して羽化個体を探してみたものの。とうとう何も見つけられず。先週の訪問時も早朝から14時過ぎまで同じ場所にいたものの、羽化した個体が飛ぶこともなく、やはりこの場所はほぼ羽化は終了していた可能性大。

羽化はダメそうなので、一旦ここで引き上げて、カラカネイトトンボがいるという沼を訪問。40種類のトンボが生息していると言われていて、さっくり沼を散策した所では、モノサシトンボ、ハラビロトンボ、モートンイトトンボ、キイトトンボを確認。カラカネイトトンボは時期的なものなのか、ここが南限と言われていますが、死滅してしまったのかわかりませんが見つけられないので、30分ほど散策して撤収。

12:30頃またグンバイトンボポイントへ。
到着早々、すでに産卵開始中。もう一度羽化個体(この時間帯なら飛んでもおかしくない)を探してみましたが、結果は同じ。やはり羽化観察は来年へ持ち越しです。

▽改めて産卵の様子を撮影
f0324026_21449100.jpg
f0324026_2192445.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽♀単独産卵
f0324026_2174578.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
f0324026_2175934.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by Nature_Oyaji | 2016-07-10 21:10 | トンボ | Comments(2)
Commented by nakayoshi_me_hina at 2016-07-11 22:17
こんばんは。
仲良し夫婦DE生き物ブログのヒナです。
奄美から帰って来ました。

グンバイトンボはメスの単独産卵もあるのですね。
勉強になります。

こちらではそろそろ終わりの時期が近づいていますが、
今の季節は撮りたい被写体が多く、中々グンバイの方へ足を向けられずです。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-07-11 23:37
ヒナさん。こんばんは。
奄美遠征お疲れ様でした・・というより、成果大のご様子ですので、疲れは多分ありませんね。いつかは行ってみたい憧れの地、投稿楽しみにしています。
お住まいの四国もまだ訪問したことがなく、オオキトンボなど一度行ってみたいと思っています。

グンバイトンボは羽化が見られませんでしたが、単独産卵が見られたのが救いでした。また訪問させて頂きます。


<< カトリヤンマ 羽化-2      ヒヌマイトトンボ 夕方の様子 >>