2016年 08月 14日

アオバセセリとキベリタテハ

暫く前からまだ撮影していないクジャクチョウとキベリタテハが気になっていました。
今年の夏休み中にはどこかに訪問したいと思い、暫く探してみた所、良さそうな場所を発見。
また例によって前日から移動。
実は天気が良ければペルセウス座流星群撮影もと思っていましたが、そちらは曇ってしまいそのまま車中泊。

翌朝。車で移動しながら探すも見つからない。
暫く山道を行くとコンクリート斜面一面に垂れ下がるような花。ここで待てば何かチョウは来ると思い待機。

間もなくアオバセセリが飛来。1年前の春に見たきりで、春のチョウだとばかり思っていました。改めて調べた所、年2回(5月、8-9月発生)とあり、最近羽化した夏型と思われます。まだまだ知識が足りません。

●アオバセセリ
f0324026_19074197.jpg
f0324026_19075270.jpg
f0324026_19080756.jpg
f0324026_19081598.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●キベリタテハ
続いて肝心のキベリタテハ。車で林道を移動中、正面から見慣れぬチョウが・・。
慌てて降りて見てみると、キベリタテハでした。思ったより大きく、そして美しい。
近くの廃墟の屋根下に止まった所を一枚、証拠写真撮影。
f0324026_19111036.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

15m以上離れているため、もう少し寄って撮影を・・と数歩歩いた所で飛び去り。
敏感だとは聞いていましたが、これほどまでとは。

その後、林道を13時を過ぎるまであちらこちら回ってみたものの、とうとう次のキベリタテハは現れず。
今回は初見としてここまで。

現地で知り合いになった方からここのキベリタテハはまだ早く、あと一週間後位の発生かなと、また活動は天気が良い日で昼頃が良いらしい。今回の撮影は9:45頃。なので普通の活動より早い気がします。

またクジャクチョウは来るなら7月中、もう少しすると少数だが3回めの発生があるので、うまくすればそれが撮影できるかもしれない・・と教えて頂いた。

うーん、どうしよう。また来週また訪問してみようか・・。



by Nature_Oyaji | 2016-08-14 19:27 | チョウ | Comments(0)


<< 座間市ひまわりまつりへ      ヒヌマイトトンボ そろそろ終焉 >>