オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 26日

コシボソヤンマ

コシボソヤンマ撮影へ。

前回の房総は失敗に終わりましたが、ご紹介頂いたこの場所は確実にいると分かっている場所。
活動開始時間など確認したいので、いつも通りなるべく早めの時間から訪問。

コシボソヤンマが生息しているこの場所の環境は、林に囲まれた暗い中を流れる浅い細流。
その川底はほとんどが砂地+岩場。オニヤンマも産卵していました。

到着早々、細流上を飛ぶトンボを確認。よく見るとコオニヤンマ(♂)で、ここをテリトリーとしている様子。

●コオニヤンマ 産卵
細流の砂地にシオカラ系のような産卵をするコオニヤンマを確認。
産卵は初見でしたので、これは自分には貴重。
産卵最中に撮影してみましたが、肝心の尾が泥に付いた瞬間は撮れておらず、かつボケボケ。
f0324026_02123470.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

朝方早々、初見の1頭目のコシボソヤンマが朽ちた流木に飛来し産卵開始。
この時間帯でもかなり暗くて飛来した事にも気づくのが遅れ、構えた時には飛び去り。

雌は時々やってきて産卵するも、優良物件でないのか、生態なのか不明ですが一ヶ所での産卵時間は非常に短く、かつ近寄ろうとしても敏感に反応。

昼近く。雄雌ともに出が悪くなってきて一旦撤収。
細流の様子を見ながら少し下流に来た所で、朽ちた木に産卵していた雌がすぐ上の木に移動しぶら下がり。
ようやくその姿をじっくり見ることが出来ました。
名前の由来となった極端に細くなった部分が印象的。色合いはマルタンヤンマの雌と同じような赤茶系。
f0324026_02382439.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

●コシボソヤンマ 産卵 
その近くを探すとようやく産卵中の雌を発見。
暫く見ていると優良物件だった様で長時間産卵。良い場所での産卵は結構な時間を費やすということを確認。

望遠撮影でストロボも使いましたが、写真はかなり暗く、現像にてようやく産卵する姿を確認。
f0324026_02425248.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この2頭の撮影終了の13:00過ぎからは産卵に来る雌も、探雌のオスたちも飛来することが無くなり、何処かでぶら下がっていた結果なのかもしれません。

一番暑い時間帯を過ぎた頃、また探雌のオスが来始め、同じ場所でも午前中より数が増加。
これでは産卵に来た途端、すぐオスに連れて行かれそう。

家の都合で15:30まで観察。
産卵自体はどうやら移動しながらいろいろな場所で分散しながら産卵しているようですが、午後この場所に産卵に来ることはなく終了。
近々また訪問してしっかり産卵の姿を残したいと考えています。








by Nature_Oyaji | 2016-08-26 03:01 | トンボ | Comments(0)


<< ギンヤンマ 産卵      房総へコシボソヤンマ探し >>