オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 17日

ムスジイトトンボ

今日は改めてハエトリグモ撮影も考えていたのですが、いざ探そうとすると案外見つかりません。
以前見られた場所に行ってもダメで、今日はハエトリグモの日ではなかったよう。

その代わり、記憶に無い姿のイトトンボが目の前を通過。写真は共に同じ個体。
f0324026_14080025.jpg
f0324026_21171564.jpg
Olympus E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

にわか知識ですが、自分が覚えた事の整理のため記載。

まずは姿・形から日本に4種類いるクロイトトンボ属。
●尾部の青紋の先端から2つ目の部分には紋がないので、クロイトトンボ、オオイトトンボではない。

残るセスジイトトンボかムスジイトトンボどちらかになるのですが、
●眼後紋が小さい事と、後頭条が無いこという特徴からムスジイトトンボ(これは水色になっていないので未成熟)に決定。
Tさん、アドバイスありがとうございます。

ムスジイトトンボは都内などでは数が減っており、どこでもすぐ見られるというトンボではなくなってしまっている希少種。成熟体も確認しておきたい。








by Nature_Oyaji | 2016-09-17 21:24 | トンボ | Comments(0)


<< ホソミイトトンボの今の様子      ヒガンバナとナガサキアゲハ >>