オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 09日

秋の連休 2日目 シルビアシジミ その他

朝のオツネントンボ探しを一旦切り上げ、少し離れた場所にあるシルビアシジミ撮影へ移動。この場所は公園の一画に食草のミヤコグサを植えて保護しているもの。

未見のため、大きさも飛ぶ速さも何もわからない状況ですが、暫くその保護場所回りを探索。怪しげなチョウが飛ぶ度に追いかけて、止まるのを待って、翅裏の模様を撮影しては確認すること約1時間程。

結局見つかったのはヤマトシジミかツバメシジミばかり。最後は植えてあるミヤコグサ回りでようやく発見。

●シルビアシジミ
f0324026_22013741.jpg
f0324026_22042230.jpg
f0324026_22043108.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

探索している中でサイズ、飛び方を確認。そうすると他の類似のシジミとの違いが見えてきました(勝手な判断なのでツッコミ歓迎です)。

▽シルビアシジミ
・低空飛行 もっともシルビアシジミが飛ぶ様子を見たのは植え込みされているミヤコグサ回りなので、元々回りが低いので低空飛行だったのかもしれません
・これも低空飛行の結果かもしれませんが、割と直線的でヒラヒラという感じは少なく、案外速く飛ぶ
・サイズはツバメシジミ位か、それより小型 大人の親指の爪ほど

▽ツバメシジミ
・飛翔する際、翅裏の赤系の色が見える
・飛ぶ高さは今回のシルビアシジミは低めでしたが、ツバメシジミはわりと高く飛ぶ
・小さいのに自分より大きいウラナミシジミなど他のチョウに絡んで飛ぶし、こちらも高速飛行

▽ヤマトシジミ
・まず大きさが一回り大きいが、中には小型もいるので要注意
・飛ぶ高さはヤマトシジミもわりと高く飛ぶ
・飛び方は結構上下の動きが多い感じ
・最後は写真で確認する必要がありそう



これを全く未知の場所で探そうと思ってもまず無理でしょう。ここの様にいると分かっている場所で確認するとか、ベテランの方との同行必須です。
また場所によっては食草はシロツメグサその他の植物もあるので、ミヤコグサを基準にするとスルーしてしまう可能性がありますね。

その他
●ツマグロキチョウ
f0324026_22262395.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

●モンキチョウ
f0324026_22263473.jpg
Olympus E-M1 M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

次は房総で探す予定。


by Nature_Oyaji | 2016-10-09 22:32 | チョウ | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2016-10-10 09:24
成る程、考えて観察しておられますね。それも楽しみ方の一つですね。

シルビアシジミは、当地では見たことが無いです。やはり時々、関東に遠征してみたいなあと思うのであります。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-10-10 19:33
Clearwater0606さん
勝手な思い込みである可能性があるかもしれませんが、そんな事をあれこれ考えるのも楽しいですね。
それが次回の観察などで裏付けられたら、それもまた嬉しい。
自然から学ぶこと、多しですね。


<< 秋の連休 2日目 夕刻      秋の連休 2日目 オツネントンボ >>