2016年 10月 15日

ムラサキツバメ 一人越冬(仮

ご近所の池の回り。
急に寒くなった朝、葛の葉にムラサキツバメが1頭。ここで寝ていたようですが、姿自体はもう越冬しているかの様。

●ムラサキツバメ
f0324026_18503301.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

▽右前脚を伸ばして体を固定
f0324026_18505648.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

▽真横からの撮影 体勢は葉に対して水平ですが、体はほぼ垂直に。
f0324026_18550302.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0324026_18555129.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

まだまだ本格的は越冬時期ではないので、一時的にこの場所で眠っていたようです。
夕方再訪問時は不在。
真冬にこのムラサキツバメも越冬場所を確認予定です。




by Nature_Oyaji | 2016-10-15 19:07 | チョウ | Comments(4)
Commented by Clearwater0606 at 2016-10-15 20:41
凄い姿勢ですね。ビックリです。不思議なものですね。
Commented by nakayoshi_me_hina at 2016-10-15 23:55
被写体の乏しい冬にムラサキツバメの越冬探しは楽しみの一つですね。
葉で横になっているのは見たことありますが、垂直に近い場所というのは珍しいですね。ヒナ
Commented by Nature_Oyaji at 2016-10-16 01:42
Clearwater0606さん
本格的な冬には、他の仲間と群れていると、葉の上にたまった落ち葉のように見えます。
それは一種の集団での擬態ですね。
こうして横に寝てしまうものや、そうしないもの、そんな集団で越冬します。
ただこんな縦での越冬(のような姿)は今まで見たことがありません。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-10-16 01:58
ヒナさん
昆虫が少なくなる冬ならではの楽しみですね。
この角度、妙な感じです。体勢が体勢なだけに。脚の使い方も必死感が出ていますね。


<< アキアカネ産卵 その2      夕日 >>