2016年 11月 06日

ホソミイトトンボ 11月上旬の様子

11月となり初の週末。
いつもの観察場所へ虫友Tさんの車に便乗させてもらい訪問。
前回訪問時、少数ですが草刈りが行われていない場所で観察出来ました。

半月たった今日、9時過ぎ着で気温は約15℃前後。
同じ草原はちょうど朝からの太陽が広く当たり暖かくなっていて、探してみると♀の個体を発見。

●ホソミイトトンボ(♀)9:50頃
f0324026_20174634.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この個体発見のあと、草地一面を探してみたものの次の個体は見つかりませんでしたが、時間が経つにつれ、徐々に別個体も出現。
どこから現れたのか・・。

●ホソミイトトンボ(♂)10:30頃
f0324026_20201336.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

結果、今日は11:40頃までで♂1頭、♀3頭ほど確認。

今日の記録
●暖かい場所では9時過ぎには活動中。日当たりは良いのでもっと早めの時間帯から活動しているかもしれない。
●まだまた頻繁に餌取り。前回もそうでしたが小さな蜘蛛を良く捕食。恐らくは飛んでいるものより、葉にいる蜘蛛の方が捉えやすいためかと。蜘蛛の個体数も多いのかもしれない。
●行動は俊敏で活性は高い。
●見つかった草原は林縁部が一部覆いかぶさるように茂っている場所。夜はこの草原の上部の樹木で休んでいるのかもしれない。
ただ越冬場所としては風雨にさらされるようなこの場所ではなく、それらが弱まる林の中などのような気がする ⇒ いずれ草原で観察できなくなったらいよいよ林の中の探索へ。
●林縁部から20m程離れた田んぼでも1頭見つかる。案外暖かいと広範囲に行動するのかもしれない。
●前回もそうでしたが、見つかる個体の♂♀の割合はいつも♀の方が高い(なぜ??)

次回、また早めに再訪問し確認していきたい。

帰りしな見つけたACミラン公認(?)のアカスジカメムシ
f0324026_2171656.jpg
Olympus E-M1 M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

さらに今日は移動途中でFさんの車に遭遇。
そのままUターンして一緒にカトリヤンマ産卵を追い、お茶して帰宅。(Fさんはカトリヤンマ産卵は撮影出来ましたがこちらは出来ず)

お疲れ様でした。

by Nature_Oyaji | 2016-11-06 02:40 | トンボ | Comments(0)


<< オツネントンボ 越冬前観察      久しぶりの晴天の秋の日を魚眼で楽しむ >>