2016年 11月 13日

ムカシトンボ ヤゴ探し

ムカシトンボは小学生の頃、図鑑で見た以来ずっと出会いたいと思っていたトンボ。
昨年ようやく成虫と産卵の様子を撮影し、この春にやっと羽化の様子も撮影出来ました。

この春の羽化撮影の少し前、一度虫友さんとヤゴ探しをしてみましたが、網もない状態で空振り。

そんなこともあり先日のヤンマタケ撮影で茨城に訪問時、ご案内頂いた方にムカシトンボのヤゴ探しの手ほどき(場所ややり方など)をお願いしました。
実際にヤゴを探した場所は、ほぼ川の中央付近で適度な大きさの石(足で動かせる位)が沢山ある川底。
網を置き、その上流で石をガサガサ足で動かし、石にしがみついているヤゴを流して網ですくい取る方法。

せっかく教えて頂いたので、今日は網を用意し羽化撮影した川で実践。12月になると水も更に冷たくなるので、試すなら今! という訳です。

まずは羽化を撮影した少し広めの河原があり流れが緩やかな場所。
ただここの川底の石は足で動かせるものが少ない場所で、1時間ほどあれこれ探してみましたが1頭も見つけられず。

上に草が生えている石が気になりトライ。
f0324026_22140935.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

するとすぐカワトンボのヤゴが。ミヤマカワトンボかアサヒナカワトンボか・・。
f0324026_22150679.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

暫く川を上りながら探してみましたが、川底は同様に大きな石が多い場所ばかり。
動かせるものは手で動かして見たもののヤゴは見つからず。動かすのも大変な位の石ばかりの所は住みにくいのかもしれない。

最後は産卵を撮影した付近の川。
手のひらの半分程の石が結構あり、流れは比較的緩やか。その場所を探すとようやくムカシトンボ(その他)のヤゴも発見。

ヤゴを直径約4cmの容器に入れて撮影。
●ダビド属のヤゴ
f0324026_22312432.jpg
●以下はムカシトンボ
▽通称パンダ柄 約1cm程
f0324026_22330011.jpg
▽上と同じ位のノーマルタイプ
f0324026_22322146.jpg
▽最初のパンダ柄と更に大きなヤゴ(約2cm弱) 最終令か?
f0324026_22363294.jpg
すべてOlympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ようやくムカシトンボのヤゴも発見。
次は春先の上陸前の個体や、上陸後陸で過ごしている個体を見つけたい。

帰り道、昨年ヒナカマキリ撮影した場所へ立ち寄り。
ダメ元で成虫を探しましたがもうさすがに時期が遅すぎの様。
幸いなことに卵鞘は見つかったので、また来年の9-10月訪問へ。

●ヒナカマキリ 卵鞘 大人の膝位の高さまで。ここには4つ産み付け。
f0324026_23253413.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro








by Nature_Oyaji | 2016-11-13 22:56 | トンボ | Comments(2)
Commented by mikiosu at 2016-11-16 13:55
こんにちは。
ヤゴ探し頑張りましたね!
それにしてもムカシトンボ、そんなに昔からご存知だったのですね。私が知ったのはほんの数年前です(汗)。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-11-16 21:54
mikiosuさん
こんばんは。
小学生の頃は小学館の図鑑シリーズばかり見てましたね。あの頃一冊350円でした。そこで見たムカシトンボです。
恐竜と一緒に生きていたというだけでもうしっかり心に残りました。
でもどこに生息しているかまで分からず、50年思い続け2年前ようやく念願叶いました♪
越冬トンボ三種とこのムカシトンボ、生態が未知の部分があり、不思議いっぱいなので、これからも観察していきたいですね。


<< 11月の冷たい雨が降った日      ご近所散策-2 セグロアシナガ... >>