2016年 12月 04日

越冬トンボ ホソミイトトンボ 越冬場所発見(仮

前回、11/20に訪問してまだ数頭、田んぼ回りにいる事を確認したホソミイトトンボ。
12月に入り、初の訪問。
今日は昼近くで16℃の予報。
まだ本格的な寒さにはなっていないものの、既に羽化した田んぼ回りから殆どの個体は移動しているため、いよいよ今季の越冬場所探し開始です。

訪問に当たり、虫友Tさんが田んぼ脇の山あいを予めGoogleMapでチェック。いそうな場所を確認してくれていました。
Mapで見ると田んぼ脇の山林は急斜面が約50m程続き、上には民家や畑、空き地が点在。
その民家や畑の中を田んぼと平行に道が通じていて、確認出来た空き地は日当たりも良さそうでその辺りが怪しい。

9時待ち合わせで、探索開始。
怪しい道をゆっくり確認しながら進むと、Mapで見た空き地が見つかり、空き地の林縁部を中心に約1時間半探索。

10時半を回った頃、別な場所を探していたTさんから「いた!」との連絡。
そこは到着早々、枝を叩きながら探したが見つからなかった梅の木。
気温が高くなり、もっと枝の上にいたのか、別な所から来たのが不明ですが、ここは田んぼから離れた場所で、明らかに越冬地として移動している場所。
ようやく移動先を発見です。
f0324026_16341315.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

Tさんがいる場所を見てくれている間にこちらは証拠写真は撮影出来ましたが、逆にTさんがカメラ準備中に痛恨のロスト。申し訳ない・・。
暫く付近を手分けして探してみましたが、今日は先ほどの1頭のみ。
どうやら越冬時は単独で散らばっている様です。

●探している時に足元に降りたムラサキシジミ
f0324026_16412385.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

暫く続けて探してみたものの見つからない為、山道を降りて前回も見つかった田んぼ回りを探索。
するとなんとか1頭のオスを発見。
f0324026_16435241.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

このオスはこれから越冬場所に移動するのか、移動し損なっているのか不明ではありますが、この時期でも見つかったという観察記録です。

今日は初の移動先が確認が出来た嬉しい日になりました。ただまだ真冬ではないので、タイトルは「越冬場所発見(仮」です。
これから本格的な冬の日に、静かにしている姿をまた探しましょう。

お疲れ様でした。




by Nature_Oyaji | 2016-12-04 16:52 | トンボ | Comments(0)


<< 広島市森林公園昆虫館 第5回む...      クロスジフユエダシャク 初の交... >>