2016年 12月 29日

急に冷え込んだ朝。ホソミオツネントンボ観察と今季初のルリビタキ


今朝は本来の12月らしい冷え込んだ日。
f0324026_21224700.jpg
Olympus E-M5II1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

今日から正月休みで、虫友Tさんとまたホソミオツネントンボ撮影。
冷え込んだ朝なので、かなり近寄っても余り動くことはなさそうなので、お互いあれこれテスト(虫友さんのブログはこちら)。

●ホソミオツネントンボでストロボテスト
太陽が少し出た所で、ほんの少し左右から当てる設定で撮影。
f0324026_21161611.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

虫友Tさんからまたレクチャーを受けながら、改めてストロボの有効性を実感。
今までになく自分の中ではよく撮影出来たもので、今日はこの一枚で大満足。

お互い色々撮影して11時過ぎの解散。

昼近く、前回撮影出来なかったルリビタキ撮影へ。
●ルリビタキ
f0324026_21242028.jpg
f0324026_21243733.jpg
f0324026_21244821.jpg
f0324026_21250348.jpg
Olympus E-M5II+BORG 71FL




by Nature_Oyaji | 2016-12-29 21:27 | 自然 | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2016-12-30 18:32
ホソミオツネントンボも綺麗ですが、ルリビタキも素晴らしいですね。これほどあざやかな色彩の野鳥を本邦でも見る事が出来るんですね。
Commented by Nature_Oyaji at 2016-12-31 01:28
Clearwater0606さん
同じこの地で、自然と生き物たちが色々関わり合いながら芸術作品の様な姿に変化。なんと言ったら良いやら言葉がうまく出てきません。ともに今生きている仲間の姿、いつまでも。


<< 今年の撮影納め ホソミオツネントンボ      またホソミイトトンボ探し ・・... >>