オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 18日

2月中旬 春一番が吹いた翌日

昨日は今年の春一番の日でした(ちなみに昨年は2/14)。
今日はまた冬場の気候に戻り、曇りがち。

今日は今年予定のご近所の定点観察。

■定点観察 ホソミオツネントンボ
3月末の移動までの色の変化を撮影予定。今はまだまだ冬のまま。
f0324026_20205698.jpg
f0324026_19053552.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

■定点観察 ミドリシジミ
ネットで検索すると場所によって異なるものの、大方3月末-4月上旬の孵化のよう。
写真はトリミング無しで30mmマクロで寄れるだけ寄ってみたもの。
今は変化があるわけもなく、念のため撮影して撤収。
f0324026_18574464.jpg
Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

午後は予定があり、今日はここまで。

■明日の予定
明日は新たなムカシトンボの産地探索へ。
昨年3月、上陸しているヤゴ探しをしてみたのですが、何も分からずで見つけることが出来ずちょっと悔しい思いが。
その場所は岩場が少しで、目ぼしい岩石を退けて見たのですがダメで、恐らく枯れ葉の裏などに潜んでいたものと思われます。

明日は少し場所を変えてもっと岩場が多い場所自体を探し、その場所でヤゴ探しもしてみようかと思っています。

ムカシトンボ 上陸までの過ごし方
関東では4月上旬が羽化であるので、1ヶ月前の3月上旬が上陸開始の頃。
その前はというと、ヤゴは普段は流れの中央にいるようですが、上陸が近付くと岸辺の近くに移動するらしい。
大型のヤンマ系などは羽化直前には逆さになって、腹部を水中から出して過ごすという(その様子も見た事がないので、今期はどこかで観察してみたい)。
ムカシトンボのヤゴも上陸前の準備として、空気に慣れるため川岸で過ごしているようです。
そうなら岸辺の落ち葉などを網ですくってみると見つかる可能性があります。

明日はそんな探し方も試してみようかと思っています。


by Nature_Oyaji | 2017-02-18 18:57 | トンボ | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2017-02-18 20:19
一枚目のお写真、興味深いです。幹から突き出た細い枝になりきっているように見えます。やはり、あたりの状況を観察して頭で考えて、見つかりにくいようにとまっているのでしょうか?

面白いです。
Commented by Nature_Oyaji at 2017-02-18 20:56
Clearwater0606さん
仰るとおりだと思います。
この写真ですと正に折れた枝先に止まっていますので、ちょっと見では折れていない様な枝の一部になっています。
脚は前に突き出して枝に止まり、伸ばした状態で体のラインと同じになっています。
体から足先まで真っ直ぐ枝になるよう、進化していますね。
2枚めは近づきすぎてその状態ではなくなって、脚がまがっています。


<< ムカシトンボ 新しい観察場所探索へ      愛すべき小さな隣人たち >>