オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 16日

アオヤンマ 深夜探索-3

■定位時間帯の確認へ
前回の深夜探索では0:00過ぎより探索し、羽化個体を発見。
その状態から定位する時間帯を21:00~22:00と予想。

本日はその確認のための訪問。

●20:00より探索開始
懸念材料としては探索時ライトを使うため、一度探索するとこれから羽化しようとしているヤゴが警戒して登らなくなる可能性がある事。
なので一番良いのは、例えば20時、21時、22時と時間を決めて探索し、ジャスト定位個体が見つかれば大方その時間の前後ということが言えそうです。


探索開始から1時間半の21:30、一旦自宅に戻らなければならず見つからないまま一時撤収。

ここまでは定位個体を見つけられずでしたが、
▼もともと今日は羽化予定の個体がいなかった可能性
▼ライトの影響で羽化を止めてしまった可能性
▼定位していたが見落としの可能性
が考えられます。

●23:00より2度めの探索開始で本日の羽化個体(♂)発見
用事が片付いたのでどうしようかと思ったのですが、再び23:00より2度めの探索開始。

そして・・23:15、見つかりました!
既に翅は大きく伸びて一番美しい状態(個人的には尾が翅のラインにそってカーブしている時が一番と思っています)から少し経った姿。
翅はまだ伸び切ってはいない状態。
となると、ライトの影響がなかったとすると、昼間の観察からするとこの姿になるまで約1時間少々。
どうやら定位時間帯は22:00前後の可能性大です。

●23:24 ライトの向きを変えて2枚撮影
f0324026_06210402.jpg
f0324026_06054480.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

●0:33 だいぶ翅が伸びた頃
f0324026_20585543.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(葉の上の茎は光が当っていなかったのでLightroomで修正)
気がつくと1:30を回っていました。
羽化水撮影出来たら・・と暫く粘ったのですがまだまだ先のよう。
今日は会社もあるので泣く泣く撤収。また次回です。

●定位時間帯
どうやら定位するのは22:00前後位の様です。
ただライトの影響も考えられるので、次は予想した22:00から探索して、その時間帯で再び見つけることができればその時間帯が一番定位し易い時間帯ということが言えそうです。。

毎回、空振りなしでの観察が出来、出会いの神様に感謝です。





by Nature_Oyaji | 2017-05-16 06:21 | トンボ | Comments(0)


<< ヒナカマキリ 卵鞘確認      5~6月の予定(再) >>