オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 08日

夏の始まり 昼下がりのぶら下がりヤンマ-2 初見の移精

ナゴヤサナエ観察が終了したので前回に引き続き、同じ池を再訪問。
数年前に別の場所で♂の写真を撮影していますが、出来たらこの場所でも撮影しておきたい。
午後になり気温は31度を越え、ぶら下がるには良い条件。

池に着くなり、ヤブヤンマらしいトンボが池の中をどうやら探♀している様子。あちらこちら暫く探していたものの、諦めたらしく先日ぶら下がっていた林側へ消えました。

追ってみると・・いました。蚊の集団に襲われ、かゆみに耐えながら必死に撮影。
久しぶりに美しい複眼を堪能しました。

●ヤブヤンマ(♂)
f0324026_20163392.jpg
見ていると何やら準備体操のように尾部を見たことのない角度で曲げたり伸ばしたり・・。
f0324026_22493187.jpg
f0324026_20173103.jpg
f0324026_20174260.jpg
全てOlympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン付)

意味があるのでしょうが、暫くそんな行動をした後、飛び去りました。

●追記
過去未見ですが、これがヤンマ系の移精なのか?
ヤンマ系はメスを捉える前に行うということなのですが、でも15時近くでも行うものなのか(これからメス探しか?)、う~ん知識がありません。
アオヤンマは午前中に交尾態となっていましたので、同様と考えるとヤブヤンマも午前中で済ませている可能性大で、他のヤンマも含めて午後移精+メスを確保することはあるのか、要調査です。

●追記2
やはりこれは移精行動とあとで知りました。
イトトンボ系はメスを捉えてからですが、ヤンマ系はオス単独で行い、それからメスを捉えに行く生態でした。ただ疑問は先程も書きましたが午後移精しておくのが普通なのか、たまたまなのか、、また午後メスを捉えるのか(でも考えにくい)、あるいは翌朝すぐメスを捉えて交尾態にするためなのかという事がまだ観察が不足です。

●追記3
ヤンマ系などオス単独での移精は、時間に関係なく行う様で、そんなお知らせを虫友Tさんから連絡頂きました。
なので、疑問は解決です。ありがとうございます。



by Nature_Oyaji | 2017-07-08 20:19 | トンボ | Comments(0)


<< オツネントンボ羽化探し      ナゴヤサナエ羽化(初) >>