オヤヂのご近所仲間日記

sskk3311.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

ヒメボタル 今期最後の訪問

■ヒメボタルに会いに・・
山梨某所。東京から近場で観察出来るヒメボタルも今期最後。
生態についてはネットに多くの方が書いているし、自分で観察・知見を得たものではないので控えますが、知り得た知識の中でヒメボタルについて不思議であるとか、生態などについて思えるのは、

●生息地域により恋の時間帯(光る時間帯)が異なる(地域特性なのか)
●水場ではなく山に生息。ただ幼虫が何を食しているのかまだまだ未知の部分が多い様です。
●現場で撮影中に伺った中では、飛び始めると大方のオスたちは山の上部から下部へ飛んでいくが、逆方向に飛ぶものはあまりなく、いつ上部へ移動するのか(撮影中、確かに上方ヘ飛んでいく個体は少ない事を確認)。
●メスは飛ぶことが出来ないので、生息域を広げるにはメスの行動範囲のみ(どの位動くものなのか、案外遠くまで行動するのかもしれない)。
過去太古には山々に広く生息していたのでしょうが、開発により生息域が分断、その中で取り残された様な場所で、何かの偶然が重なり生き延びて来たというイメージ。
今後生息域が広がるという事は難しい気がするので、今生きている場所は聖域としか言いようがない。(でも案外数億年を生き抜いてきているので、思うほどヤワではない?)

今回の訪問地は夜はほぼ人からの光が届かない山頂付近の場所。
久しぶりの光のない静かな山の中で、暫しヒメボタルたちの光による恋の呼応する様子を観察。
この場所の光り始める時刻になり、だんだんとあちらこちらから淡い光を放ち始め、やがて包まれるような状況へ。
f0324026_04213393.jpg
Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO(トリミング済)

写真に残せたのはこの1カットのみで、地面に近い場所からライブコンポジットで撮影したもの。
フィッシュアイでの撮影のため、ホタルたちが小さめに写り、やや微妙な結果でしたが、ご案内頂いたFさんに見て頂いた所、メス目線での写真になっているのではとのコメントを頂き、自分でも納得。

メスたちは地面に近いさほど高くない場所で光りながら、上を見上げて見つけて呼応してくれるオスを待つ・・。


言葉にならない位の感動的な光りに出会えました。いつもご案内頂きありがとうございます。


by Nature_Oyaji | 2017-07-23 19:01 | ホタル | Comments(2)
Commented by ろっくん at 2017-07-24 21:25 x
こんばんは、ヒメホタルの舞とても美しいです。
先日NHKで蛍米という番組見ました。農薬を全く使わないでお米を作ると、その田んぼには蛍が乱舞するものです。
効率化に相反することで、環境が良くなり共存共栄とても考えされられました。
6月より仕事が変わり土日祝お休みとなりました。
お会いした際はよろしくお願いいたします。
Commented by Nature_Oyaji at 2017-07-24 21:53
ろっくんさん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
環境を悪くするのも良くするのも人間ということで、人間がいない環境が一番なのかもしれませんね。
ご近所でお会い出来ましたらまたよろしくお願いいたします。。


<< オナガサナエ(♀)羽化      ミヤマアカネ羽化(初) >>